大学受験、個別指導の常識を変えよう

common-sense

協賛企業さま




個別指導の常識を変えよう
 
こんにちは、ジーパス予備校国立校の高柳です。
 
ジーパス予備校は、個別指導の予備校です。
 
ジーパス予備校同様、個別指導をしている塾や予備校は数多くあります。
 
個別指導とは、講師が生徒一人一人に対して向き合い、一緒に学ぶ指導スタイルです。
 
しかし、いざ実態を良く良く見てみると、
講師一人で一度に二人、三人を指導するという「個別指導」もあります。
 
本当に素晴らしいテキストを使った最高の授業をするも、
生徒一人一人の成績に細心の注意を払っていない「個別指導」もあります。
 
ご家庭への連絡は、その日の個別指導の結果だけで、生徒の成績推移はご連絡していない「個別指導」もあります。
 
これらの個別指導の運営は、低コストで合理的な経営には必須です。
 
いわば「予備校業界の常識」となっています。
 

ここに、ぜひご理解して頂きたい、とても大切なことがあります。

 
教育業界に身を置いている人は、
  • 本当は誰だって、生徒一人一人に真正面から向き合いたい。
  • 生徒一人に対して講師一人、本当の「個別指導」を行いたい。
  • 最高のテキストを使って授業をし、生徒の成績上昇に細心の注意を払いたい。
そう願っているものです。
 
しかし、現実はそうはいかない。
 
生徒の学習進捗管理や成績管理、ご家庭への連絡は、生徒が数名であればできます。
 
が、20名、30名になると中々難しくなります。
 

私たちジーパス予備校は、その難題にITの力を使って挑戦しています。

私たちジーパス予備校は、最新のIT技術を使って、生徒の成績管理やご家庭での学習管理システムの構築に挑戦しています。

生徒が、第一志望校に合格するためには、生徒とご家庭、ジーパス予備校が一体となる必要があるからです。

そのために、

  • 日々の勉強管理には、専用ソフトを開発
  • 毎回の授業で、生徒一人一人の成績推移を把握して、弱点把握と勉強の成果確認が出来るシステムを開発
を続けています。
 
今まで「業界の常識」となってきたことに、
最新のITの力を使い、挑戦し続けています
 
「最高の勉強法」と「意識の向け方」を武器に、
「絶対ムリ!」と言われた学校に合格できる予備校として、受験生を指導し続けます!

協賛企業さま