予備校業界のライ〇ップ?

こんにちは。高柳です。

不定期にお送りしていましたスタディレポートですが、結構長い期間が開いてしまいました。

決してさぼっていたいたわけではなく、生徒指導に全力を尽くしていました。
そこで最近気づいたことがあります。

ジーパス予備校に入学した生徒

ジーパス予備校に入学した生徒は、

  • 勉強を自主的にできるようになる人、
  • ジーパスからの宿題分だけは毎日しっかりやる人(それ以外はやならい人)、
  • さぼる人

という大きく3種類に分かれます。

では、あなたに質問です。

それぞれの生徒の割合は、何:何:何だと思いますか?

年によって若干の違いはありますが、大体毎年同じような構成になることがわかています。
(だから、手厚く教務をかけることで、全生徒がしっかり成績と偏差値を伸ばして、志望校にどんどん合格するんですが!)

ざっくりとした割合でいうと、

ざっくりとした割合でいうと、

  • 勉強を自主的にできるようになる人10%
  • ジーパスの宿題分だけは毎日しっかりやる人(それ以外はやならい人)80%
  • さぼる人10%

です。

今年も大体そんな感じですね。

この割合を見てどう思いますか?

私は、正直、「おおむね満足」しています。

理由は簡単です。

・勉強を自主的にできるようになる人10%
・ジーパスの宿題分だけは毎日しっかりやる人(それ以外はやならい人)80%
は、95%程度の確率で志望校に合格するからです。

大学受験に関して、「自主的に勉強できるか」は関係ありません。

予備校に通っている以上、予備校はカリキュラムが全て終われば志望校に合格するだけの指導を行っているからです。

(大手予備校では、話しは違ってきます。早慶コースに在籍しても、早稲田大学や慶應義塾大学に合格する生徒は10%程度です。その理由は、予備校業界のタブーなので、また今度。)

勉強を続けられる人の特長

さて、受験勉強を続けられる人は、理由があります。

もちろん理由は、人それぞれだと思いますが大きく2つに分かれるように思います。

(1) 使命感や目標を目指して頑張れる人

例えば、お父さんがお医者さんで、生徒も医学部進学を義務づけられている人。

ジーパス予備校は私立文系専門ですが、圧倒的に成績が伸びると評判を聞いて「医学部志望だけど英語だけはジーパス予備校」という生徒がいます。

彼を見ていると、やっぱり医学部を運命付けられている受験生は勉強をしていますね。

というより、小学生の頃から勉強をする習慣があるようです。

中学受験をしっかりして、有名中高一貫校へ進学する。これが医学部への王道です。彼もその王道を進み続けている。だから、受験勉強を続けることが出来る。

(2) 強制されることで勉強できる人

もう1つ、勉強を継続できる人がいます。

それは毎日の宿題を出され、毎日のテストを出され、それに付いてくる受験生です。

ジーパス予備校には、大手予備校では成績が伸びず、悩んだ末に入会してくる生徒が少なからずいます。

そんな生徒に聞くことがあります。「夏休みの宿題は、7月に終わる派?8月末ギリギリで頑張る派?」と。

私自身も経験している事ですが、夏休みの宿題が「7月に終わる派」の受験生は、大手予備校でも十分成績は伸びます。

集団授業を受けても、次回授業までにしっかり復習をして、または予習が出来るからです。

しかし、私もそうだった「8月末ギリギリで頑張る派」の受験生は違います。

そもそも勉強をする習慣がないのです。

これは、勉強の才能が有る無しは関係なく、「勉強していないから偏差値が低い」状態です。

かと言って、「今まで勉強する習慣がないから大学受験を諦める」受験生はいないと思います。

ではどうすか?

それは、「勉強を強制」すれば良いのです。

「勉強を強制」?

あなたは「8月末ギリギリで頑張る派」ですが、9月1日には宿題を提出していたと思います。

(私は漢字の宿題が9月1日に終わらず、先生に怒られた経験がありますが・・・)

それでも、何とか9月5日くらいでは全ての宿題が終わります。

なぜ、夏休みの間で終わらなった宿題が、8月末になると猛スピードで終わるのでしょうか?

それは「締め切り」が迫っているからです。

  • 明日までにどうしても終わらせるために徹夜する。
  • 明日までに終わりそうもないから、昼から宿題を始める。

など、「締め切り」が迫った時のあなたの集中力は非常に高まります。

締め切り効果?

ジーパス予備校でも同じです。
毎週、毎日、あなたに宿題を出します。
さらに、毎朝、英単語の確認テスト(アチーブメントテスト)を送ります。

つまり、全ての生徒に暗記する内容と期限を細かく指定して、小さなテストを何回も実施して英単語を徹底的に暗記していきます。

その結果はご家庭にも送られます。
更に、同じクラスの仲間と、提出までに掛かった時間と正解率を勝負します。

テストは、毎日決まった時間に送られます。
だから「テストが来たことに気づかなった」という言い訳は通用しません。

これを毎日、毎週、大学受験の前日まで繰り返すのです。

そうすることで、全ての生徒が受験勉強を継続することが出来るようになります。

ほどんどライ〇ップ?

(ある保護者様から「予備校業界のライ〇ップですね」と言われた程の徹底サポートです。そうです。ジーパス予備校は、ラ〇ザップに負けないくらい「結果にコミット」の実績があります!)

ぜひ、あなたもジーパス予備校で第一志望校に向けて、毎日、毎週の受験勉強をしませんか?

問い合わせは、こちら
http://g-pass.jp/inquiry#wpcf7-f2712-p23-o1