『合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル) 』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

『合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル) 』
発売日:2013年3月8日
(著)大西純一
出版社:Z会

『合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル) 』の構成

『合格へ導く 英語長文 Rise 読解演習』シリーズとは、高校2年生から取り組むことができる「1.基礎編」から,東大・早慶などの最難関レベルの大学受験にまで対応した「4.最難関編」まで,4つのレベルで構成されています。
ここから読解対策を始める方から,実戦力を完成させたい方まで,志望大合格に必要な読解力を段階的に養成することができます。
4つのレベルを通して,または自分の目標や英語学習の進捗に合わせたレベルから取り組んでみましょう。

▼対象レベル・学年の目安
1.基礎編
センター試験基礎レベル(高校2年生~)
●大学入試基礎

2.基礎~標準編
センター試験レベル(高校2年生後半~)
●センター試験 ●中堅国公立 ●中堅私立

3.標準~難関編
センター試験~難関大レベル(高校3年生~)
●難関国公立
(北大・東北大・筑波大・千葉大・名大・阪大・広大・九大・お茶の水女子大など)
●難関私立
(明治大・青山学院大・立教大・中央大・法政大・同志社大・立命館大・関西大・関西学院大など)

4.最難関編
東大・早慶上智大レベル(高校3年生~)
●最難関国公立
(東大・京大・一橋大・東工大・東京外大など)
●最難関私立
(早大・慶大・上智大・東京理科大・津田塾大・ICUなど)

「3. 標準~難関編」では・・・
●標準~やや難レベルの英文の確実な読解力を身に付けることを目指す
●入試頻出の設問形式で解答のコツを身に付けることを目指す

志望校の合格へ向けて,無理なく力が高まる長文問題集です。
大学入試の英語で,最も多くの比重を占めるのは、長文読解です。
近年の入試問題は,英文の語数増加や扱うテーマ・文体・設問の多様化などにより,これまで以上に総合的かつ複合的な読解の力が求められるようになっていると言えます。

『合格へ導く 英語長文 Rise 読解演習』シリーズは,長文読解の総合力を段階を追って着実に身に付けることができる長文読解問題集です。
厳選された良質な問題演習を通して,「読めたつもり」ではない,「答案として正確に伝える」力を鍛えることができます。

入試対策の入口から,志望校合格をかなえるまでを見守るパートナーとして,長文読解対策を強力にサポートします。

大学入試の英語では,長文問題が最も多くの比重を占めています。近年の入試問題は,英文の語数増加や扱うテーマ・文体・設問の多様化などにより,これまで以上に総合的かつ複合的な読解の力が求められるようになっていると言えます。

『合格へ導く 英語長文 Rise 読解演習』シリーズは,近年の入試で必要とされる長文問題の総合力を段階を追って着実に身に付けることができる長文読解問題集です。
英文の文構造や全体の論理展開を正確に把握・理解する力はもちろん,「読めたつもり」ではなく「読み取ったことを答案として正確に伝える」ことを目指した良質な演習を重ねることで,志望校の合格を確実につかみとる実力を養成することができます。

Unit 1
1[人間]岩手大学
一緒に時間を過ごして有益な人とは
(読解 PLUS+ONE) 単語は友だちのようなもの
2[自然・環境]香川大学
太平洋を覆うプラスチックのゴミ
(読解 PLUS+ONE) 柔らか頭で隠れたディスコースマーカーを探そう
3[経済]龍谷大学
マイクロファイナンス
(読解 PLUS+ONE) コロンは宝物
4[文化]関西大学
カルチャーショックの原因と4つの段階
(読解 PLUS+ONE) 字数制限なしの内容説明問題
5 [倫理・哲学]チャレンジ問題
動物の幸福とは
Unit 2
6[心理]法政大学
心に傷を残すような体験の癒し方
(読解 PLUS+ONE) コロンだけが宝じゃない
7 [自然・環境]北海道大学
コアラの個体数の減少
[読解 PLUS+ONE] 余裕を持って下線部なしの内容説明問題に取り組も
8[情報]長崎大学
ニュース報道とは何か
[読解 PLUS+ONE]内容一致問題はストライクゾーンを読もう
9[文化]お茶の水女子大学
ユーモアの定義
[読解 PLUS+ONE]和訳問題は採点のポイントをよく考えよう
10 [文化]チャレンジ問題
読書術とは
Unit 3
11 [科学・技術]早稲田大学
科学を正しく導くためになすべきこと
[読解 PLUS+ONE]内容一致問題は「変幻自在」の問題形式
12 [人間]中央大学
祖父の最後の贈り物
[読解 PLUS+ONE]物語・小説――Read between the lines.
13[倫理・哲学]首都大学東京
人はなぜ物語に熱中するのか
[読解 PLUS+ONE]内容説明問題の制限字数は出題者からのメッセージ
14 [科学・技術]立教大学
脳の知的技術への適応
[読解 PLUS+ONE]森の中で迷わないために
15 [社会]チャレンジ問題
進化論を信じるアメリカ人が少ない理由

本書は大学入試の標準~やや難レベルの英文を取り上げています。
中には少し抽象度の高い英文も含まれていますが,解説は,それを読めば英文の流れがわかるということを目指して書かれていますので,英文の流れとともに正解に至る過程をよく学んでください。
また,時には出題者の視点から,時には採点者の視点から,問題や答案作成に取り組む際の注意点などを「読解 PLUS ONE」にコラム形式で掲載してあります。
さらに,「チャレンジ問題」の記述式問題については,詳細な「採点のポイント」を掲載していますので,自己採点に役立ててもらうとともに,答案作成上の注意点をもよく学んでください。

『合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル) 』の特徴

良質な英文で、良質な問題演習。
難関大の合格をつかみとる500〜800語程度の厳選された英文を15本収録。
多様なテーマ・入試頻出の問題形式をバランス良く配置。
わかりやすい解説、「出題のポイント」も詳しく紹介。
構文の図示を含むわかりやすい解説。
出題者・採点者の意図や、大学入試に特徴的な設問形式の考え方・取り組み方が分かる「出題のポイント」も詳しく解説。

『合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル) 』の評判は?

『合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル) 』の評判は、良い評判と悪い評判それぞれあります。

『合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル) 』は、レベルとしては、私立大学だと中堅私大レベル〜難関私大のレベルです。
国立大学としては、旧帝レベルには届かないくらいのレベルだと思います。
レベル的に、『合格へ導く英語長文Rise 読解演習2.基礎~標準編(センター試験レベル)』から『合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル) 』は、難なく進めそうですが、『合格へ導く英語長文Rise 読解演習4.最難関編(東大・早慶上智レベル) 』はかなり高難易度です。
設問はバランス良く構成されており、使いやすい参考書です。

センター試験の大問5や、大問6の練習になり、重宝しました。
レイアウトも見やすく、丁寧な解説になっており、良書です。

本書の良い点としては、設問のなかで、正解の選択肢が正解の理由だけでなく、間違っている選択肢もどうして間違っているのかを根拠づけて書かれているので、評価できます。
そして、問題編と解答・解説編に分かれており、問題演習しやすい構成になっているので、実践的に問題演習したい人にはおすすめです。

『合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル) 』をマスターすると?

『合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル) 』をマスターすると、標準~やや難レベルの英文の確実な読解力が身に付きます。

標準~やや難レベルの英文とは、偏差値60前後の大学で出題される入試問題が想定されていると考えられ、本書『合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル) 』をマスターすれば、そのレベルの問題は問題なく解けるようになるでしょう。

『合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル) 』難関大学合格者の使い方は?

本書は「問題編(別冊)」・「解答・解説編」から構成されています。
問題編:各英文の冒頭に,英文についての情報がまとめられています。
①Unit:各Unitは5本の英文で構成されており,全部で3つのUnitがあります。
Unitが進むにつれ,英文や設問の難易度が徐々に上がるように配列していますので,無理なく習熟度を高めることができます。
②テーマ・語数:英文で扱うテーマと,英文の総語数の目安です。
③制限時間:英文を読んで設問に取り組む時間の目安を示しています。
時間に間に合わなくても,最後まで解きましょう。
④出題大学:英文の出題大学名です。総合的な読解力を養えるよう,設問は新たに書き下ろし,または一部改題しています。
⑤取り組みアドバイス:設問に取り組む上で気をつけたい点・心掛けたい点が書かれているので英文を読む前に確認しましょう。
⑥難易度インジケータ:英文の読みやすさ・設問の難易度を示すインジケータです。

問題に取り組む上では,まずは制限時間内に解答を出すことを目指しましょう。
終わらなかったところは,辞書を使ってもよいので,自分の納得のいくまで答えを考えてみてください。

解答・解説編:問題に取り組んだら,「解答・解説編」で解答の確認をしましょう。
問題は解きっぱなしにせずに,不明確な部分は解説や全訳を使ってしっかり復習しましょう。

効果的な復習の流れ
解答:正しい答えをチェック→解説:考え方をチェック→全訳:英文内容をチェック

・解答・解説
①英文のまとめ:英文で論じられている主題を簡潔にまとめています。
英文のポイントがしっかりおさえられているかを確認する際に参考にしてください。
②設問の焦点:設問において何を把握する力が求められているかを示しています。
③図解:英文の構造や修飾関係などを視覚的に解説しています。
④構文解説:全訳中の青色マーカーで示された部分については,文構造の図解を掲載しています。訳と合わせて確認しましょう。
⑤語句・構文:その段落に登場する重要語句,注意すべき語句や構文を取り上げています。
太字で示された語は特に重要な単語なので,覚えておきましょう。

チャレンジ問題
各Unitの最後には【チャレンジ問題】を収録しています。
解答を解答欄に直接記入でき,得点も出せるようになっているので,試験本番のような臨場感をもって取り組むことができます。
各Unitの学習が終わるごとに実力試しとして活用しましょう。

・Unitの仕上げとして【チャレンジ問題】に取り組む
制限時間を意識しながら,記述問題もがんばって自分自身の解答を書いてみましょう。
解答を確認,得点を算出する。
記述問題の一部には自己採点に役立つ[採点のポイント]が掲載されています。自分の答案を客観的に見ることは実力を伸ばす上でも重要です。
不明確な部分を残さないよう,よくできなかった問題にはもう一度取り組んで復習する。

『合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル) 』で合格できる大学は?

GMARCH

学習院大学
明治大学
青山学院大学
立教大学
中央大学
法政大学

日東駒専

日本大学
東洋大学
駒澤大学
専修大学

関関同立

関西大学
関西学院大学
同志社大学
立命館大学

産近甲龍

京都産業大学
近畿大学
甲南大学
龍谷大学

『合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル) 』の次は?

『合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル) 』は完璧にマスターしたら、次の単語帳は『合格へ導く英語長文Rise 読解演習4.最難関編(東大・早慶上智レベル)』です。

『合格へ導く 英語長文 Rise 読解演習』シリーズは、全4冊のシリーズであり、シリーズを通して、英文読解の演習ができるように工夫されている参考書です。
『合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル) 』は、シリーズ3冊目の参考書であり、レベルとしては、MARCHレベルの問題を集めたものです。
そのため、より高いレベルの問題演習を望む受験生は、『合格へ導く英語長文Rise 読解演習4.最難関編(東大・早慶上智レベル)』で自分の実力を試してください!

『合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル) 』のまとめ

本書『合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル) 』は、標準~やや難レベルの英文を厳選し、掲載した参考書です。
センター試験から難関国立大まで幅広いレベルの問題全15題にひとつひとつ取り組むことで、着実に英文を読む力を養成できるでしょう!

英語長文の演習にオススメな参考書、問題集|難関大合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.07.05