『日東駒専&産近甲龍の英語』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

日東駒専&産近甲龍の英語
発売日:2014年10月
(編)日栄社編集所
出版社:日栄社

『日東駒専&産近甲龍の英語』の構成

本書は,「日東駒専」=日本大学・東洋大学・駒澤大学・専修大学,及び「産近甲龍」=京都産業大学・近畿大学・甲南大学・龍谷大学を目指す受験生を対象とした英語の受験対策問題集です。

志望する大学の個別の学科・学部の過去問題に取り組む前に,各大学の入試問題の特色や傾向を体感することを意図して編集しました。
もちろん入試本番を意識し,詳細な解説を付した問題演習となっています。

各大学の傾向

日本大学<出題分析>

大問数,出題形式とも,各学部によって異なっている。また,同じ学部内においても年度別の変化がある。例えば,医学部の場合,大問数が変わったり,全問マークシート方式に変更されたりした年があった。学部ごとの情報を必ず事前に確認しておく必要がある。
各学部とも,語彙,文法・語法,単文空所補充,会話文補充・読解,長文読解などがバランスよく配置された設問構成となっている。
長文読解問題では,各学部特有のテーマを扱った英文が多く出題されており,特に医学部,歯学部,理工系の学部において,この傾向が強い。
文法問題は,空所補充,語順整序問題の他,文法的に間違っている箇所を選ぶ問題も出題されている。
語彙問題は,句動詞などの熟語の知識を問うものが多く,長文の中に出てくる語句の意味を文脈に即して判断させる形式も見られる。
なお,文理学部,法学部,歯学部などの多くの学部では,設問もすべて英語で書かれている。

日本大学<対策>

【長文読解】
長文の内容を把握して答える問題が主で,小問の形式としては,①英語の質問に対する適切な英語の答えを選ぶ,②英文の前半部分に続けるのにふさわしい後半部分を選ぶ,③英文全体の題(タイトル)を選ぶ,といった形が中心。
設問は段落ごとに対応している場合が多いので,1段落読むごとに,対応する設問に答えていくと効率的である。
英語の正解選択肢は,本文と同じ内容が別の表現で言い換えられているのがふつうである。
そうした同意表現をすばやく見抜く力も必要である。

【文法】
高校で学習した文法事項を繰り返し復習しておきたい。
特に,使役動詞(have, make, get, let)や知覚動詞(see, hear, feelなど),不定詞,動名詞,分詞,関係代名詞,助動詞,仮定法などは,確実に正解できるよう,例文の中で基本的な用法を理解しておこう。

【会話文】
会話文の多くは2往復で完結する短いもので,応答から予想される質問や発言を選ぶタイプが大多数を占める。
空港,店での買い物など,場面や状況ごとに,よく使われる語彙をまとめて覚えておくのも効果的である。

東洋大学<出題分析>

各学部とも大問数は5~6題で定着している。
出題形式も,学部による違いはあまりなく,長文読解問題2題を中心に,対話文補充が1~2題,単文空所補充式の文法・語法問題が1題,語順整序の文法問題が1題という構成である。

長文読解問題は,内容一致問題を中心に,空所補充や語彙の意味を問う問題を加えた総合問題となっている。
内容一致では,5つ以上の選択肢から本文の内容に合うもの,または合わないものを2つ選ぶ形式が出る場合があるので,このような設問の条件には注意が必要である。
文法問題は,単文空所補充と語順整序の2本立てで,後者は「前から~番目にくる語」を選んでマークする方式である。
対話文問題は1~2往復の短いものが多いが,10往復以上にわたる長い対話文の場合もある。

東洋大学<対策>

【長文読解】
たいていの学部において,大問1に700~800語の英文が配置されており,設問数も比較的ボリュームがある。
さらに大問2には400~500語レベルの長文問題がもう1問控えているため,読解のスピードを高める訓練も必要となる。
なお,本文中の空所補充問題では,文と文の関係を表すディスコースマーカー(discourse marker:つなぎ言葉)がよく出題される。
英文を読みながら,however(しかしながら), for example (例えば), therefore(そのため)など,代表的なものは日頃からこまめにチェックしておくようにしよう。

【文法】
読解問題の空所補充の他,単文空所補充問題と語順整序問題は必ず出題されると考えてよいだろう。
高校で学習した文法事項を中心に,倒置文や譲歩を表す構文(no matter how ~ やwhatever ~) など,やや高度な知識を問うものも見られる。
教科書各巻末の文法事項一覧や文法問題集を使い,取りこぼしがないように,実際に問題を解く練習を繰り返しておこう。

【会話文】
対話のトピック(話題)と話の流れがつかめれば,容易に解ける問題が多い。
単純な形の疑問文であっても,答え方には様々なバリエーションがあるので,教科書的な応答にとらわれないことが大切である。

駒澤大学<出題分析>

駒澤大学の出題傾向は,グローバル・メディア・スタディーズ学部を除き,長文問題2題(300語,200語程度が各1題)を中心に,会話文空所補充問題が1題,単文または同意文の空所補充問題が2~3題,語彙の知識を問う問題が2~3題,語順整序問題が1題,発音・アクセント問題が1題ずつで,大問計10題,小問数計50問という設問構成がほぼ定着している。
全問マークセンス方式で,所与時間は60分。
配点は100点満点である(特定科目重視型のS方式の場合,英語が得意であれば200点満点に比重を増やすことが可能)。
全体の時間配分は,前半の読解問題2題に35分,それ以外の文法・語彙等の問題に25分を目安にしたい。

グローバル・メディア・スタディーズ学部(GMS学部)のみ,英語の出題形式および設問構成が他と異なるので,注意が必要である。
傾向としては長文内容把握問題が2題(400語,250語程度が各1題),グラフや表からデータを読み取って設問に答えるビジュアル問題が1題,200語程度の英文空所補充問題が2題の計5題構成のパターンで,設問や解答の指示は,すべて英語で書かれている。

駒澤大学<対策>

【長文読解】
長文の大部分は,出典が明記された英米の新聞・雑誌・統計資料などからの引用が多い。
対策として,ネットで無料で読める英字新聞や雑誌類を活用し,特に自分の志望学科に関連がありそうな内容の論説文や社説(editorial),エッセイをできるだけ多く読み,一定時間で文意を把握する練習を繰り返しておくと効果的である。
何度の高い構文や省略法なども散見されるが,全体を通しては基礎的な英語力を身に付けておけば問題ない。解き進める際は,段落のまとまりごとに解答していく方法も効率的である。

【文法】
中学,高校で学んだ文法事項をしっかりと復習しておけば,十分に対処できる。
特にto不定詞や動名詞,分詞の用法や慣用表現は繰り返し出題されているので,確実に正解できるようにしておきたい。

【会話文】
会話文は1往復のものから4~5往復のものまであるが,レベルはいずれも標準的である。
口語表現に慣れておくことが第一だが,空所のヒントを後ろの文から見つけるテクニックも必要と言える。

専修大学<出題分析>

各学部とも(英語英米文学科E方式を除く),長文読解問題2大問を中心に,文法,語順整序,語彙,発音・アクセントなどによる,計4~5大問構成が標準的である。
過去には会話文補充問題が出題されたこともある。

長文問題は2題とも,空所補充(動詞の語形,前置詞,接続詞),文挿入,語句の意味を問う設問などを含む総合問題である。
選択肢は同じ大問の中でも,設問によって日本語と英語が混在している。

空所補充による文法問題と語順整序問題は,必ず出題されると見て間違いないだろう。
語順整序問題は,特定の位置にくる2つの単語の番号だけをマークする方式である。
なお,英語英米文学科E方式は,英語を得意とする受験者向けの試験方式で,英語の配点は通常100点に対して150点と高い。
設問形式も,長文問題3大問(うち1題は英語で要旨をまとめる要約問題)に条件付き英作文1大問という特異な構成をとっている。受験に際しては,大学のホームページなどで最新の入試情報を確認されたい。

専修大学<対策>

【長文読解】
英文が最も長い大問1でも,語数は400~500語程度であり,標準的な長文の範囲内と言えるが,小問数は10問以上とかなりボリュームがある。
いきなり英文を全部読もうとせず,段落のまとまりごとに要旨をつかみながら設問を解いていくのが得策である。
また,過去には「2文程度のまとまった文章を文中に補う場合,A~Dのどの位置が適切か」といった英文挿入の問題も出題されたことがあるため,様々な形式に対応できるよう数多く長文対策をこなし,段落ごとに論点や事実関係を把握する練習が不可欠である。

【文法】
出題レベルは,ほぼ高校教科書の範囲内といってよい。
3年間に学習した文法事項を徹底的に復習すると同時に,問題集や過去問題などを使って,実践的な訓練をしておくとよい。
その際,用例文全体を繰り返し音読しながら紙に書くようにすると,記憶の定着がいっそう確実なものとなる。
特に語順整序問題は,正しい語順を確実に覚えていないと,正解するのは難しい。
重要な構文や熟語は,短い用例を1語ずつカードに書いてシャッフルし,自力で再構成する練習をしておくのも一法である。

京都産業大学<出題分析>

全学部とも,試験時間は80分で,8大問50小問以上と ボリュームは多め。
また,読解問題の配分が多いことが特徴である。
設問はすべて選択式(マーク方式)で,典型的な設問構成は以下の通りである。

〔Ⅰ〕中文空所補充問題
〔Ⅱ〕長文読解問題(内容一致)
〔Ⅲ〕同意文選択問題
〔Ⅳ〕会話文空所補充問題
〔Ⅴ〕パラグラフ英文並べかえ問題
〔Ⅵ〕パラグラフ空所補充問題
〔Ⅶ〕英文空所補充
〔Ⅷ〕発音問題

〔Ⅱ〕の長文が500~600語前後と最も長いが,設問は7問程度の小問すべてが内容一致問題(うち1つは適切な題を選ぶ問題)である。
〔Ⅴ〕は,与えられた英文に続けて4つの英文を並べかえ,パラグラフ全体の文脈が通るようにする問題。
〔Ⅵ〕は,パラグラフ内の空所に入れるのに適切な語句や文を選択肢から選ぶ問題である。

京都産業大学<対策>

【長文読解】
〔Ⅰ〕の中文空所補充問題は,前置詞や接続詞といった機能語ではなく,文脈上適切な単語や語句を選ぶ形式である。
英文自体は比較的平易なので,空所の前後をよく読めば,選択肢は確実に絞り込める。

〔Ⅱ〕は,それぞれの段落ごとに小問が対応しているので,1段落読むごとに設問を解いていくほうが時間を節約できる。

〔Ⅴ〕と〔Ⅵ〕は,いわば「プチ読解問題」であるが,特に〔Ⅴ〕では,①however(しかしながら),for instance(例えば),moreover(そのうえ)などのディスコースマーカー(discourse marker:つなぎ言葉),②代名詞の指示関係,③直前に出てきた名詞の言い換え表現などが重要な手がかりとなる。

【文法】
難易度は標準的だが,様々な形式の設問に対処する必要がある。
〔Ⅲ〕の同意文選択問題の対策として,文法問題集の書き換え問題を数多くこなし,同じ内容を違う構文や表現形式で表すパターンを一通り覚えておくとよい。

近畿大学<出題分析>

医学部を除き,英語の試験問題は全学部共通で,試験時間は60分。7大問構成で,全問マークセンス方式である。
最初に長文読解問題を据える大学が多い中,近畿大学の場合は,まず比較的平易な会話文や中文の空所補充問題で始め,中央に文法・語法問題をはさんで,長文読解問題(350~400語程度)を最後に配置している点が注目される。典型的な設問構成は以下の通りである。

Ⅰ会話文空所補充問題
Ⅱ中文空所補充問題
Ⅲ文法・語法問題
Ⅳ同意文選択問題
Ⅴ英語語義参照式語彙問題
Ⅵ語順整序問題
Ⅶ長文読解問題(内容一致)
Ⅰ~Ⅳ,Ⅵは標準的な設問形式であるが,Ⅴの語彙問題がやや変則的な形式(英語で書かれた単語の意味を読み,これを手がかりにして英文の空所に入る適語を選ぶ,という二段構えの形式)で注意を要する。
Ⅶの長文読解問題は,段落ごとの内容を問う内容一致問題が6問,英文全体の内容を問う問題が1問出題される。
なお,医学部は,英語の試験時間が90分,設問構成はⅠ~Ⅲが語彙・文法・英語表現の問題,ⅣとⅤが長文読解問題という5大問構成である。

近畿大学<対策>

【長文読解】
Ⅱの中文空所補充問題,Ⅴの長文読解問題ともに,英文の内容は身近で親しみやすいものが多い。
日頃から英文を数多く読み,段落ごとに内容をつかむ練習を積み重ねておくことが本番での高得点に直結する。
英字新聞のウェブサイトを活用して,国内外の文化や社会現象,科学的なトピックについて書かれた英文を多読することも効果的である。

【文法】
基本的な文法事項に加え,受動態のto不定詞,仮定法過去の倒置(Were it not for ~)など,やや難度の高い内容も出題される。
英文法書や問題集を使って,文法全般にわたる知識をしっかり補強しておこう。

甲南大学<出題分析>

入試方式は前期日程,後期日程,センター併用型などに分かれるが,募集人数の最も多い主たる試験は前期日程である。
前期は全学部統一で行われる典型的な3教科型の試験で,英語は配点200点,所与時間80分,大問は5~6つ(文系学部出願者または理系学部出願者のみが解答する大問も含まれる)。

大問1~3にかけて長文問題が続くが,ボリュームが比較的多いのは大問1である。
設問は語義選択や空所補充,内容一致・不一致などオーソドックスなものが一通り出される傾向にあり,下線部和訳の小問も文系学部出願者のみに課される。
また,大問4には会話文の穴埋め問題が出題される。
大問5は文系学部出願者のみが解答する問題だが,与えられたテーマや絵を見て読み取れることを50語程度の英文で自由に書く形式となっている。
さらに日程によっては,大問6として理系学部出願者のみに選択式の空所補充問題を課すことがある。

甲南大学<対策>

【長文読解】
内容一致だけでなく,空所補充や語句の意味を問う問題も含む総合問題である。
内容一致問題では,2つのパラグラフの内容に関して,一致する選択肢を2つ選ぶ形式もあるので,設問の指示と本文の対応箇所をしっかり確認したい。
英文選択肢を検討する際は,「細かな違いはあっても主旨が一致しているかどうか」に着目して,正解候補を絞り込むようにしよう。

【会話文】
会話文の長さは10~15往復程度で,冒頭に場面・状況の説明が与えられていることもある。
会話の流れがつかめれば解ける問題が大部分であるが,もちろん語彙や文法の知識も必要である。
高校教科書の会話体で書かれているレッスンや,課末のスピーキングのパートなどを活用し,会話の流れを予想しながら読み進む練習をしておくとよい。

【英作文】
前期日程で文系学部出願の場合,与えられたテーマや絵について50語程度の英語で意見をまとめる自由英作文が出題される。
適当なテーマを設定し,自分が使いこなせる範囲の語彙や構文を使って,英語で考えをまとめる練習をしておきたい。

龍谷大学<出題分析>

龍谷大学の近年の出題傾向は,以下のような設問構成でほぼ一定しているとみてよい。
小問数は全部で35問,すべてマークセンス方式である。

Ⅰ長文読解総合(650語程度)
Ⅱ長文読解(450語程度)
ⅢA会話文空所補充
(2往復の各会話文に空所が1つずつ)
B会話文空所補充
(6~7往復の会話文に空所が計5つ)

語順整序(日本語文あり)
※Ⅳは,日本文に合う英文になるように語群の語句を並べかえたとき,指定された空所に入る選択肢の番号を選ぶ形式。

所与時間は60分。配点は100点満点であるが,高得点科目重視方式では,英語の得点が最も高かった場合,自動的に2倍に換算される。全体の時間配分は,前半の読解問題2題に40分,後半の会話・文法問題に20分を目安にしたい。

龍谷大学<対策>

【長文読解】
全学部とも長文問題の比重が大きいため,日頃からまとまった英文を短時間で読み,できるだけ正確に内容をつかむ練習が重要となる。
また,読解力は,文法力や語彙力と表裏一体のものであるから,高校3年間で学習した文法事項や重要構文(特に使役動詞や知覚動詞を使った構文),単語や熟語は確実に押さえておきたい。

【会話文】
後半の会話問題は日常的な場面を扱ったものが多いが,空所の前後をよく読み,会話の流れや相手の質問の意図を正確につかむことが大切である。
会話や選択肢に出てくる代名詞(特にitやone)が何を指すかを特定することで正解が見つかる場合も多い。

【文法】
語順整序問題は並べかえる語句数も多く,やや難しい傾向にあるが,与えられている日本語に対応するまとまりでわかる部分から着実に考えていけばよい。

以上のように入試傾向を分析し、各大学の各学部の過去問に取り組む前に、総合的な英語読解能力を養成しようと意図するものです。

効率よくセンター試験(英語)で150点・75%取るやり方、勉強法

2016.10.12

『日東駒専&産近甲龍の英語』の特徴

1.〈日東駒専&産近甲龍〉8大学の最近の入試問題の中から,各大学の入試レベルや出題分析を踏まえた典型的・特徴的と思われる問題を大問単位で精選し,可能な限り入試そのままの形で掲載。
2.各大学にUnitを2つずつ割り当て,Unitごとに長文読解総合問題を中心に各種問題を収録。
3.各大学の問題の冒頭には【出題分析】【対策】として,その大学の入試問題のレベルや特徴と留意点,並びに対策を簡潔に示し,受験勉強の指針となるよう配慮。
4.大問ごとに★印により難易度を3段階で表示。
★    易(標準より易しい)
★★   標準(日東駒専&産近甲龍の標準レベル)
★★★  難(標準より難しい)

『日東駒専&産近甲龍の英語』の評判は?

『日東駒専&産近甲龍の英語』の評判は、良い評判と悪い評判それぞれあります。

赤本に補充をする形で使用するために購入し、使用しました。
解説が、赤本と比較してわかりやすく丁寧であったため、ありがたかったです。

日東駒専レベルの赤本は、掲載年度が少なく、過去問を使って問題演習をしようとしても、過去問が手に入れにくいです。
しかし、本参考書『日東駒専&産近甲龍の英語』は、英語だけの過去問を数多く掲載しているので、問題演習をしたい受験生にはもってこいの1冊です。

『日東駒専&産近甲龍の英語』をマスターすると?

『日東駒専&産近甲龍の英語』をマスターすると、日東駒専&産近甲龍の英語の過去問の傾向を知ることができます。

本参考書『日東駒専&産近甲龍の英語』をマスターすれば、日東駒専&産近甲龍レベル、つまり、偏差値55前後の過去問の傾向を知ることができます。
なぜ、この参考書をマスターしても、絶対に合格に足りる実力がつくと言えないかというと、この参考書はあくまで過去問を厳選して掲載したものであり、各学部の問題をそれぞれ個別に対応した形で、対策したような参考書ではないからです。
しかしながら、本参考書は、日東駒専&産近甲龍の出題傾向、出題のレベルを把握するためには価値のある参考書であり、志望校を決める際の参考にもなるし、自分の実力を確認することにも最適な参考書です。

【英語偏差値75へ】『おすすめの英語長文の参考書・問題集』難関大合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.07.05

『日東駒専&産近甲龍の英語』難関大学合格者の使い方は?

1.本番を想定して解答する
本書は過去の試験問題を厳選して掲載しているので、本番を想定して解答をしましょう。
制限時間として、1問あたりに受験時に費やせる解答時間の目安が示されているので、できる限り時間内に解くことを心がけましょう。

2.解説をしっかり読む
詳しく分かり易い解説を施した別冊「解答解説編」が付属しています。
チャートや図解などを用いたり,解法の極意をコラム形式にまとめるなど工夫を凝らしています。
単なる答え合わせに終始せず,解説を熟読し,誤答の原因を突き止め,正解へと至る道筋を理解し,疑問が残らないように努めましょう。

【難関大合格へ】難関大合格に必要な英語の参考書の選び方、使い方、比較記事まとめ【英語偏差値75へ】

2017.08.16

『日東駒専&産近甲龍の英語』で合格できる大学は?

日東駒専

日本大学
東洋大学
駒澤大学
専修大学
※志望する学部の過去問を確認し、対策をする必要がある。

産近甲龍

京都産業大学
近畿大学
甲南大学
龍谷大学
※志望する学部の過去問を確認し、対策をする必要がある。

不合格の勉強法【過去問の使い方】必ず失敗する大学受験生のたった1つの共通点

2014.11.02

『日東駒専&産近甲龍の英語』の次は?

『日東駒専&産近甲龍の英語』を完璧にマスターしたら、次は、各学部の過去問演習です。。

『日東駒専&産近甲龍の英語』は過去問を厳選した問題集です。この問題集を完璧にマスターしたら、あとは、各学部の過去問をしっかり自分の目で分析し、対策をすることです。

日東駒専&産近甲龍といっても、短い英作文や和訳問題が出題される入試問題がありえるでしょう。合格に向けて、万全の状態を作るのであれば、必ず志望する学部の過去問を確認し、対策をしてください。

『GMARCH関関同立の英語』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.01.04

『日東駒専&産近甲龍の英語』のまとめ

本参考書は、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学の英語の入試問題を厳選し、掲載した実践的な参考書です。
本参考書『日東駒専&産近甲龍の英語』の目的は、「入試問題を解けるようになる」という以上に、「入試問題を知り、自分の実力を確認する」という意味合いでの使用を想定しているように思えるので、まずは実力試しにやってみる、というのもいいのではないでしょうか!

【英語偏差値75へ】『おすすめの英語長文の参考書・問題集』難関大合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.07.05