『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』
発売日:2016年12月8日
(著) 瓜生 豊
出版社:桐原書店

『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』の構成

大学入試の内容は、単に知識や技能を確認するものから、知識や技能を活用する能力を活用する能力として思考力、判断力、表現力を試すものへと大きく転換しつつあります。
この時代の変化に合わせて、受験生の皆さんが効率よく学習し入試を突破するための「大学入試の新時代に完全対応する英文法・語法本」として本書を書きました。

本書はPart1「文法」Part2「語法」Part3「イディオム」Part4「会話表現」Part5「アクセント・発音」から構成されています。
また、各見開きの左ぺージに問題、右ぺージに解説があります。解答は右ぺージの下、問題英文の和訳は左ぺージの下にあります。

1 四択空所補充
空所に適当な選択肢の語句を入れます。
2 語句整序
英文の( )内に複数の語句がある場合には、語句を並べかえて、正しい英文を作ります。
3 連立完成
(a)の英文とほぼ同意になるように(b)の空所に適語を入れます。
4 正誤指摘
英文に下線①~④が引かれているものに関しては、誤った箇所をを指摘し、正しい形に直します。
5 適語補充
日本文が与えられ、英文の空所がある場合は、日本文の意味になるように空所に適語を入れます。
6 4択(アクセント)(1)
【  】で与えられた語とアクセント位置が同じ選択肢を選びます。
7 4択(アクセント)(2)
アクセントの位置が他の3つと異なる選択肢を選びます。
8 4択(発音)(1)
【  】で与えられた語と下線部が同じ発音の同じ選択肢を選びます。
9 4択(発音)(2)
下線部の発音が他の3つと異なる選択肢を選びます。
10 英文読解(英文読解問題・英作文問題に挑戦!)
与えられた英文の日本語訳を作ります。
11 英作文(英文読解問題・英作文問題に挑戦!)
与えれた日本文の英語訳を作ります。

目次
◎Part 1 文 法
第1章 時制
第2章 態
第3章 助動詞
第4章 仮定法
第5章 不定詞
第6章 動名詞
第7章 分詞
第8章 比較
第9章 代名詞
第10章 関係詞
第11章 接続詞
第12章 前置詞
第13章 主語と動詞の一致
第14章 疑問文と語順
第15章 否定・省略・強調

◎Part 2 語 法
第16章 動詞の語法
第17章 形容詞の語法
第18章 副詞の語法
第19章 名詞の語法

◎Part 3 イディオム
第20章 動詞中心のイディオム
第21章 形容詞中心のイディオム
第22章 副詞中心のイディオム
第23章 名詞中心のイディオム
第24章 群前置詞

◎Part 4 会話表現
第25章 会話表現

◎Part 5 アクセント・発音
第26章 アクセント
第27章 発音

『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』の特徴

①入試突破のために必要十分な情報量
中堅大学では「大きく差をつける」レベルまで、難関大学では「しっかりと合格点を取る」レベルまで到達可能です。
②入試頻出項目を211の【KEY POINT】で網羅
入試頻出項目を211の【KEY POINT】にまとめていますので、効率的に学習を進めることができます。
③重要情報を125の【TARGET】で整理
重要情報を125の【TARGET】に整理していますので、必須の知識を漏らすことなく押さえることができます。
④英文法・語法の知識を「英文読解力」、「英作文力」につなげる新学習システムを採用
「読解」「英作」アイコンで表示された問題は、その学習項目を「英文読解問題・英作文問題に挑戦①~⑤」コーナーの英文読解問題、英作文問題で応用練習をすることができます。
⑤チェックシートつき
赤色のチェックシートがついていますので、通常の演習や暗記項目の確認、日本語から対応する英語の表現を考えて書く(言う)練習などに活用することができます。
⑥音声CDつき
「会話表現」「アクセント・発音」を収録した音声CDがついています。音声を聞きながら学習することでリスニングの力も身につけることができます。
⑦音声データをダウンロード提供
「文法」「語法」「イディオム」の問題英文の音声データを、専用サイトにて無料で提供します。英文の暗記やディクテーションなどに活用することができます。
⑧完全無料の学習アプリ「きりはらの森」を提供
「暗記カード」「即戦クイズ」などの形で本書の内容を学習できるアプリ「きりはらの森」を専用サイトにて完全無料で提供します。

『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』の評判は?

『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』の評判は、最近発売したため評価待ちです。

『ネクステージ(Next Stage)』や『Vntage(ヴィンテージ)』と同様の構成であり、内容に不足はない内容になっていると思われます。

『ネクステージ(Next Stage)』や『Vntage(ヴィンテージ)』と比較して、特徴的なのは、「英文読解力」、「英作文力」についても力が身につくような構成になっており、次に繋がる参考書となっており、そういった点に魅力を感じる人は是非手に取ってみてください。

追記【2017年4月20日】

『ネクステージ(Next Stage)4th edition』の著者が、同じような本を出版したと耳にしたので、好奇心から購入し、拝読してみました。
内容としては、『ネクステージ(Next Stage)4th edition』と何が違うのか見つけるのが難しいくらいの間違い探しです。
若干、『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』の方が、解説が詳しいかな?といった印象です。
基本的には、『ネクステージ(Next Stage)4th edition』と変わらないです。
学校の指定教材となっている場合は、『ネクステージ(Next Stage)4th edition』で充分だと思います。

『ネクステージ(Next Stage)4th edition』との比較になります。
『ネクステージ(Next Stage)4th edition』と比較すると、全体的に印刷が見辛いです。
なんでこの配色にしたのかわからないです。
実際に本屋で見てから買うことをオススメします。
3分くらい見てると目がチカチカしました。

個人的な感想としては、『ネクステージ(Next Stage)4th edition』は超えてきてるのかなという印象です。
総合的な英文法の問題集としては、
『ネクステージ(Next Stage)4th edition』
『英文法・語法 Vintage New Edition』
の2強の時代だったと思いますが、そこに割って入ったのが、『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』ではないでしょうか。

『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』をマスターすると?

『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』をマスターすると、大学入試の新傾向に対応した英文法の力が身に付きます。

『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』は、近年の大学入試の動向に対応した参考書です。
さらに、「英文読解」や「英作文」の力を養成することにも注目した欲張りな参考書です。
ひとつひとつの文法事項について、正確に正しく理解し、「英文読解」や「英作文」への架橋となるような力を手にいれてください!

『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』難関大学合格者の使い方は?

これからの大学入試に合格する力は、次の2ステップで身につけることができます。
(1)英文法・語法情報など入試に必要な知識を習得する。
(2)習得した知識を英文読解問題や英作文問題を活用する訓練をする。

ステップ(1)はステップ(2)の前提であり、ステップ(1)の段階で英文法・語法情報を正確にまた深く理解することが、不可欠です。
そこで、本書では、英文法・語法の正確かつ深い理解を促すために良質の英文法・語法問題を厳選するとともに、必要に応じて詳しい解説を加えました。

英文法の間違った勉強法については、以下の記事を参照してください。

勉強法3手順|ネクステージ (Next Stage)[4thEdition]英文法・語法問題の使い方、勉強法

2014.10.15

『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』で合格できる大学は?

早慶上智

早稲田大学
慶應義塾大学
上智大学

GMARCH

学習院大学
明治大学
青山学院大学
立教大学
中央大学
法政大学

日東駒専

日本大学
東洋大学
駒澤大学
専修大学

関関同立

関西大学
関西学院大学
同志社大学
立命館大学

産近甲龍

京都産業大学
近畿大学
甲南大学
龍谷大学

『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』の次は?

『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』を完璧にマスターしたら、次の参考書は『入門英文解釈の技術70』です。もしくは、『英作文ハイパートレーニング 和文英訳編』です。

『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』は、英文法・語法の参考書としてかなりレベルの高い参考書であるといえます。そのため、『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』あとは、『入門英文解釈の技術70』や『英作文ハイパートレーニング 和文英訳編』で、より総合的な英語の得点力を手にいれて下さい。

『大学入試英作文ハイパートレーニング 和文英訳編』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

2016.11.03

「英文解釈の技術」シリーズ、6つの特長と効率的な勉強法10ステップ

2016.11.02

『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』に関するQ&A

匿名希望
『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』と『ネクステージ(Next Stage)』と『Vntage(ヴィンテージ)』どれを選んだ方がいいでしょうか?
高柳司
どれでも大きな差はないので、紙質やレイアウトで選ぶといいとも思います。
大切なのは、どの参考書も完璧に仕上げられているかどうかです。

まずは、英文法全体としてどのような事項の理解が必要となるのかを概観し、やりきることを目標にして下さい。そのうえで、英語長文や英作文に取り掛かり、問題演習を始めてみてください。

『英文法・語法 Vintage New Edition』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.03.25

『ネクステージ(Next Stage)4th edition』の難関大学合格者の使い方、勉強法

2016.10.24
匿名希望
『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』だけで英文法の理解はできるもの?
高柳司
無理だと思います。
『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』はあくまで「英文法の問題集」です。そのため、英文法の問題を解くために必要な知識は詰まっていますが、英文法として説明不足な部分があります。
それは紙面の制約上仕方のないことであり、そのために書かれた参考書を参照するべきです。

『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』に書いてある内容を知ってはいるけど、ちゃんと理解できているか自信がないという人は、『総合英語Forest 7th Edition』もしくは、『総合英語Evergreen(エバーグリーン)』を参照してみてください。

「全然わかんないよぉ。。。」という人には、『大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】』がオススメです。まずは、文法事項として何を学ばなければいけないのは、確認してください。

『総合英語Forest(フォレスト) 7th Edition』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.04.10

『総合英語Evergreen(エバーグリーン)』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.04.03

『大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.01.16

『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』のまとめ

『POWER STAGE 英文法・語法問題』は、英文法を網羅的に学習できる参考書です。網羅的にできるからこそ内容の分量も多く、質も高い参考書ですので、皆さんぜひ書店で手にとってみて下さい。

【実践編】早稲田大学<英語対策>私のマル秘 英語勉強法

2017.01.27