『速読英単語2上級編[改訂第4版]』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

匿名希望
ズバリ『速読英単語2上級編[改訂第4版]』どうでしょう?!
高柳司
良い参考書ですよ!ただ、私のオススメは、『単語王2202』です。
匿名希望
なるほど。じゃあ、どうすればいいんですか?
高柳司
とりあえず、『速読英単語2上級編[改訂第4版]』について紹介します。

『速読英単語2上級編[改訂第4版]』の基本情報

発売日:2015年3月 (著)風早 寛 出版社:Z会

『速読英単語2上級編[改訂第4版]』の構成

「最難関大学の英文でも自信を持って読みこなすことができるようになること」を本書の最終到達点とする

最終到達点が最難関大の英文であることに変わりはないのですが、必修編と改訂前の上級編とではギャップが大きいとの声が大きかったため、今回の改訂では比較的読みやすい英文を前の方に配しました。
これにより、徐々に本番レベルの英文へと段階的に読み進めることができるようになりました。

「必修編」で学習した英単語を実際の入試レベルの英文の中で生かす訓練をすることができること

よって本書では、みなさんが、必修編レベルの単語を確認し、日々新たな英単語を身につける土台となる英文を、国公立大学および私立大学の入試英文から厳選して掲載しました。英文は入試問題から「内容が魅力的なもの」を必要条件としてさまざまな難易度のものを選びました。
また、テーマのバラエティー(特に理系素材)にも配慮しました。

必修編では、「必須語・重要語」を覚えることを目的としているため、英文は極力易しく読みやすくしてしていますが、上級編では、次の段階として、入試本番の英文を掲載していますので、自分がこれまで蓄積してきた単語知識が実戦で応用の効くものであるかどうかを確認してください。

「上級編の新出語」および「必修編ですでにマスターした英単語」を核にして、そこからより容易に高度な英単語をマスターできること
英文中の「新出語」は、平均すれば1レッスンに5~10語程度出てきます。これらの語は、従来どおり英文の中で覚えましょう。

さらに今回の改訂では、英文中に出てこなかった、覚えるべき語の学習法を工夫しました。
巻末に一覧表として羅列する代わりに、「関連づけ」という手法を用いています。これは必修編を卒業した(あるいは卒業しかけた)学習者にとって、最適の学習法であろうと考えます。

必修編で英単語を学習し始める頃と、現在の諸君とでは状況がまったく異なることを自覚してほしいと思います。
つまり、この本を手にした現在の君たちは、すでに「必修後」をマスターしているか、あるいは、ほぼマスターしているはずです。
であれば、今や、そのことも次のステップへ飛躍するための最大の武器にすることができるのです。
 具体的には、英文で出てきた、すでに知っている語、あるいは新たに学ぶ語をカギに、その類義語、反意語、関連語も一緒に覚えるということです。具体例を挙げてみましょう。
・crime「犯罪」、criminal「犯罪の」(既習語)の場合:同じテーマに属しているsin「(道徳上の)罪」、delinquent「非行の、軽犯罪の」、immoral「道徳に反する」を新たに覚えます。
・thrive「繁殖する;繁栄する」(新出語)の場合:似た意味のprosper「繁栄する」、flourish「繁栄する」、bloom「咲く;栄える」や、反対の意味のdeteriorate「悪化する」、bankrupt「破産した」を一緒に覚えます。

こうしていくことで、既習事項や新しい情報が断片的な知識としてではなく、互いにつながり合った知識として整理できるので、結果的には定着率を格段に高めることができます。

多義語学習の充実

さて、長文読解に成功するために、あえて今、長文読解に失敗するのはどんな場合なのかを考えてみましょう。
 ①そのテーマについて無知であった。
 ②知らない英単語や熟語が多く、文の意味が取れなかった。
 ③文構造がわからなかった。
これらの他に、見過ごされやすいのが、
 ④ある英単語の意味が、自分の知っている意味と異なる意味で使われていたのに、気がつかなかった。

などが挙げられます。
よって、長文読解の大きな阻害要素になっている「一見やさしそうに見えるが、実は別の意味を持っている」多義語を徹底追求しました。
多義語には本文中にマークをつけ、「多義語BOX」で解説しています。

推測力の増強

本書に取り組もうというみなさんは、すでに入試レベルの長文読解にも挑んでいると思います。
この段階では、「単語力」、「熟語力」、「文法力」に磨きをかけることも重要ですが、同時に忘れてならないのは、英文の随所に出現する難解な単語や語句の意味を、状況(=文脈)に合わせて的確に推測していく力をつけることです。
本書では、別冊解説に推測原則という項目を設け、推測力を養う練習をしてもらうことにしました。

また、文脈での理解に加えて単語の要素である語根、接頭辞、接尾辞など、語源の知識を身につけることも推測力を高める上で重要です。これらの情報は「語源BOX」でまとめました。

単語解説ページの充実

単語ページでは、類義語・反意語・参考語を充実させ、上級編で新たに覚える語や、必修編ですでに覚えた語が繰り返し出てくるよう工夫してあります。
「必修編」で出てきた語については、すでに自信があればさっと目を通すくらいでいいでしょうが、記憶が曖昧になっている場合には、これを契機にもう一度「必修編」野該当箇所をチェックしてほしいと思います。
このようにして、自信を持てる英単語を確実に増やしていってください。

さらに、一部の単語には、英英定義を載せ、英語で考えることもできるように工夫しました。
英英定義を読むことにより、日本語の意味だけではイメージがわきにくく覚えにくい語もすんなりと頭に入るでしょう。また、パラフレーズ(=言い換え)の力もつきます。

例文でも繰り返し上級語の学習ができること

単語ページの例文では、その英単語を理解すると同時に、「上級編」の中で出てくる他の英単語の復習や補強にもなるようにと配慮しています。また、比較的長めの例文も入れるように心がけました。

カタカナ語の活用

今回、英語がいわゆる「外来語(カタカナ語)」になるスピードの速さに驚きました。
columnはコラム、charityはチャリティというカタカナ語としてすでに日常的に使用されています。
パソコンを使う人なら、ドラッグやチャットなども耳慣れた言葉でしょう。
これらの語は、「高校生ならばすでに音声で十分に知っている」と言っていいでしょう。
ただ、カタカナとしてすでに耳から覚えてしまっている語であっても英語のつづりと一致しないために、「未知の英単語」のように思えるわけです。

このような語は「カタカナ語」として巻末にまとめましたので、音声で覚えているものと英語のつづりをここで一致させてください。
そうすれば、pierceが耳飾りの「ピアス」としてだけでなく、「~に穴を空ける、~を貫く」という英単語としても記憶に焼きつけることができるでしょう。

『速読英単語2上級編[改訂第4版]』の特徴

難関大突破のための「上級900語」を厳選
東大、京大、早慶上智などの最難関大の入試問題を踏まえた最新傾向を反映
知らない語の「推測法」講義と練習問題を掲載
英文の前に「Pre-Lesson」のページを新たに追加
難関大入試攻略の鍵を握る未知語の意味の推測法を解説
すべての英文で推測法の練習になるように練習問題を用意
推測法が確実に身につくように構成
入試本番で差がつく多義語と分野別英単語を掲載
単語学習で盲点になりがちな多義語や特定の分野に特化した単語を整理

『速読英単語2上級編[改訂第4版]』の評判は?

『速読英単語2上級編[改訂第4版]』の評判は、良い評判と悪い評判それぞれあります。

  • 本書を使う人は、速読英単語[必修編]を終えた受験生であると思われる。 しかし、速読英単語[必修編]と速読英単語[上級編]のレベルは比べ物にならず、使用する際は注意が必要である。難関大受験をする人は、覚悟して臨むべき一冊である。

  • 本書の特徴である、「未知単語への推測法」は、手厚く書かれており、評価できる。 いくら単語帳を完璧にしても残念ながら「意味のわからない単語」は絶対に存在するのであり、そういった意味で「未知単語への対処法」を学んでおくのは、効率的な方法でしょう。

  • 文章のレベルが高いところから、最初は時間がかかると思うが、難関大を受験するレベルの受験生であれば、読み込んで攻略しておきたいところ。 しかし、この参考書は、英語長文の問題集をやるよりも、語彙・速読のトレーニングになり、そういった点で有効的に使用することもお勧めします。

  • 単語帳としてのレベルも高く、掲載されている文章も高く、使用する人を選ぶ参考書であることには間違いありません。その点で、本書の英文は、構文の解説などが十分なされているとは言い難い部分があるので、やはり使う人を選ぶ参考書ですね。

  • 英文のレベルが高すぎて挫折します。単語もここまで必要なの?という感じで、正直買っただけな感じになってます。

高柳司
この参考書を取り組む前に絶対に速読英単語[必修編]に取り組むべきです。

速読英単語[必修編]と速読英単語[上級編]は2冊で1冊であり、速読英単語[必修編]の難易度の高い別冊が速読英単語[上級編]であると考えるくらいが認識をしてちょうどいいように感じます。

『速読英単語2上級編[改訂第4版]』をマスターすると?

『速読英単語2上級編[改訂第4版]』をマスターすると、語彙力が身につくだけでなく、知らない英単語を推測する力が身につきます。

この参考書『速読英単語2上級編[改訂第4版]』は、語彙力を養成することを主眼におきつつ、未知の「知らない英単語」への意味を推測する方法を提示します。
入試において、受験生が知らない単語がない状態はおそらくあり得ないので、その部分を割り切り、推測することで英語を攻略することを目指しているといえ、その部分に焦点を当てた参考書は少ないでしょう。

高柳司
速読英単語は、『速読英単語1必修編[改訂第6版]』と『速読英単語2上級編[改訂第4版]』とあります。 『速読英単語 入門編 改訂第2版』という基礎中の基礎単語に焦点を当てた参考書もありますが、大学受験レベルであれば、『速読英単語1必修編[改訂第6版]』からで充分です。 『速読英単語1必修編[改訂第6版]』については、下記の記事を参照してください。

『速読英単語1必修編[改訂第6版]』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

2016.11.09

『速読英単語2上級編[改訂第4版]』難関大学合格者の使い方は?

Step1 【既習語確認&推測読み】辞書や和訳を見ないで英文を最後まで読む
●必修編で覚えた語の確認
 英文中の語の大部分は,必修編で学んだ語ですので,すでに覚えた単語の意味を,入試本番レベルの英文の中で読み取れるかどうか確認します。(上級編の語でない単語で自信のない単語が出てきたら,次の Step で「必修編」に戻って確認しましょう。また,わからなかった単語と訳に自分でマーカーをつけておけば,復習に役立ちます。)

●上級編レベルの語(赤太字)の推測
 次の Step に移る前に,赤太字の語が,文脈の中でどのような意味で使われているか推測しましょう。
自分の予想とどれくらい近かったか対比することで,記憶の定着率が高まります。この練習を続けていると未知語に対処する力が養われます。

Step2 【精読】和訳・別冊解説を参照し,英文の意味を確認する
 和訳と別冊を使って一文一文の意味を確認しましょう。また,英文全体の大意・テーマを把握することも同時に心がけてください。
 さらに別冊の「推測原則」で,文脈からの推測法を確認してください。(※この工程は最後に回してもかまいません)

Step3 【音読】英文を声に出して読む
 声に出して最低10回は英文を読んでみましょう。
Step2 までで内容は十分に把握できているはずですので,意味のまとまりごとに区切って読むことができると思います。声に出すことでリズムとして英文が頭に入ります。
 『速読英単語②上級編CD』(別売)を使って,読む前と読む後に正しい発音・区切りを確認すれば,より効果的です。

Step4 【上級語の確認】赤太字の単語の意味を和訳で確認
 和訳の赤太字を見ながら,話・テーマの流れの中で,上級語の意味を確認しましょう。
(ここで英文ページは終了。次ページへ)

Step5 【上級語の習得①】 英文で出てきた単語の意味を確認し,覚える
英文中の意味を思い出しながら,色のボックスの単語を覚えていきます。
英文で出てきた以外の意味も載っていますので,合わせて確認しましょう。
英文ページで何度も読んでいますから,身近に思えるはずです。
 発音・アクセントも確認してください(発音・アクセントが苦手な人は, Step3 の音読をこの後にしてもよいでしょう)

Step6 【語彙ネットワーク】 派生語・類義語・英英定義・例文を確認する
 派生語は,できるだけ多く入れてあります。これらの語は由来が同じですので,まとめて覚えるのが効率的です。
 類義語は「赤太字:上級編で新出の語(派生語を含む),黒太字:必修編レベルの語,並字:その他」の3つに分けてあります。
似た意味の語に繰り返し出会うことで,語彙の定着を助けます。

英英定義は, 日本語の訳だけを覚えるよりも,語の理解が容易になるような単語や,簡単な語で言い換えられる語に入れてあります。
たとえば intact は「そっくり残って,無傷の」という訳語に加えて,complete and not damaged という英英定義を入れてあります。また,clutch は「ぎゅっとつかむ」という訳語に加えて,to hold something tightly, especially because you are in pain, afraid or excited という英英定義を入れてあります。
これらを読むことにより,その語が持つイメージをより深めることができ,記憶しやすくなるはずです。
語義選択の入試問題や,英英辞典の定義を載せている入試問題の対策にもなります。

Step7 【上級語の習得②】関連語を覚える
 点線でつながれた語は,関連語です。類義語や反意語,または同じテーマに属する語などをリンクさせています。
 派生語,類義語,反意語,英英定義の確認も英文で出てきた語と同様に行ってください。

Step8 【多義語&語源】「多義語BOX」と「語源BOX」をチェックする
●多義語BOX
 易しい語でも,意外な意味を持っていることを知らない場合や,文脈の中で複数ある意味の中から最も適切な意味を選ぶのが難しい場合があります。このような語は 多義語BOX で取り上げていますので,ここで整理してください。
●語源BOX
 未知語に出会った時には,文脈から推測する方法のほかに,単語自体の構成から意味を推測できる場合もあります。
そのためには,それぞれの単語のパーツの意味を覚えておく必要があります。それらを 語源BOX で覚えてください。

Step9 【速読】最後にもう一度英文を速読する
 最後は,訳すというより,意味を大まかにとっていく気持ちで速読(音読ではなく黙読)を行いましょう。
繰り返し読むことで,徐々に読むスピードを上げていってください。最終的には付属のしおりの目安時間に到達できることを目指すとよいでしょう。

 これらの Step をすべて実行するとなると,各課を終えるのにかなりの時間を要し,負担に思うかもしれません。
しかし,時間をかけて読み込みながら単語を身につけていくことは,回り道のようですが,結局は一番確実に英語力がつく方法です。
ぜひあきらめずに最後まで取り組んでください。

ここに挙げた9 Step はあくまでも一つのモデルケースなので,読者の皆さんが実際に英語に割ける時間を考慮し,自分自身の学習計画を立てていってください。

高柳司
『速読英単語2上級編[改訂第4版]』の真髄は、未知の英単語をどのように推測するかをいつのまにか習得できている点です。 とにかく練習量を増やし、英文を読むこと、語彙力を増強しようという本書のコンセプトは、使い方注意の参考書と言えるでしょう。

勉強法4手順|単語王2202の暗記法、覚え方、使い方

2014.10.15

『速読英単語2上級編[改訂第4版]』で合格できる大学は?

早慶上智

早稲田大学
慶應義塾大学
上智大学

GMARCH

学習院大学
明治大学
青山学院大学
立教大学
中央大学
法政大学

日東駒専

日本大学
東洋大学
駒澤大学
専修大学

関関同立

関西大学
関西学院大学
同志社大学
立命館大学

産近甲龍

京都産業大学
近畿大学
甲南大学
龍谷大学

『速読英単語2上級編[改訂第4版]』の次は?

『速読英単語2上級編[改訂第4版]』は完璧にマスターしたら、次の単語帳は、必要ありません。

『速読英単語2上級編[改訂第4版]』は、英単語帳のレベルの中で最高難度の単語まで掲載されている単語帳であり、これ以上の単語帳をやる必要はありません。
もし、この参考書『速読英単語2上級編[改訂第4版]』をマスターしたあとであっても英単語に自信のない人は、『速読英単語1必修編[改訂第6版]』に取り組み、基礎単語の確認を行い、万全の状態にすることを勧めます。

『速読英単語1必修編[改訂第6版]』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

2016.11.09

『速読英単語2上級編[改訂第4版]』に関するQ&A

匿名希望
『速読英単語2上級編[改訂第4版]』は難しいですか?
高柳司

『速読英単語2上級編[改訂第4版]』は難しいです。 『速読英単語2上級編[改訂第4版]』の難しさは、様々な部分が原因です。
まず、掲載されている英文が難しいです。
掲載されている英文が難しいので、『速読英単語2上級編[改訂第4版]』に取り組み始めてすぐに読むのが嫌になってしまう人が少なくないでしょう。
さらに、『速読英単語2上級編[改訂第4版]』に掲載されている単語そのもののレベルがかなりレベル高いです。
『速読英単語2上級編[改訂第4版]』は、『速読英単語1必修編[改訂第6版]』の続編のような扱いであり、通常の英単語帳に掲載されているような基礎的な単語の紹介を大きく省略している部分があります。そのため、基礎的な英単語を習得していない受験生にはハードルの高いものになっている参考書です。

『速読英単語2上級編[改訂第4版]』の難しさに挫折しそうになった場合は、なのよりも『速読英単語1必修編[改訂第6版]』に取り組んでください。『速読英単語1必修編[改訂第6版]』だけでもかなりのレベルの大学入試の英文を読めるようになります。ますは、『速読英単語1必修編[改訂第6版]』をしっかり読み込んでみてください。

匿名希望
『速読英単語2上級編[改訂第4版]』は英検だとどれくらいのレベルですか?
高柳司

『速読英単語2上級編[改訂第4版]』は、英検のレベルだと英検2級から英検準1級のレベルにあると思います。
英検のレベルと『速読英単語2上級編[改訂第4版]』のレベルを比較するのは難しいですが、『速読英単語2上級編[改訂第4版]』のレベルの語彙、英文を読みこむことが可能であるならば、英検2級のレベルは簡単でしょう。

一方で、英検準1級のレベルは、『速読英単語2上級編[改訂第4版]』のレベルで対応可能な側面とそうでない側面があります。英文のレベルに関しては、対応可能だと思いますが、語彙に関しては『速読英単語2上級編[改訂第4版]』よりも英検準1級の方が求められるものは多いかもしれません。

【英語偏差値75へ】『おすすめの英単語の参考書』難関大合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.03.17

『速読英単語2上級編[改訂第4版]』のまとめ

本参考書『速読英単語2上級編[改訂第4版]』は、単語帳としての使用だけでなく、速読を練習するための参考書としての側面を持った参考書と言えます。その分、『速読英単語2上級編[改訂第4版]』をマスターするためには、時間・根気ともに必要となりますので、使用を考えている受験生は、覚悟して『速読英単語2上級編[改訂第4版]』に臨みましょう!

【実践編】早稲田大学<英語対策>私のマル秘 英語勉強法

2017.01.27