『やっておきたい英語長文700』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

協賛企業さま




ケイコ
『やっておきたい英語長文700』と『やっておきたい英語長文1000』って難易度は同じで、分量だけ違うみたいなんですが、早慶志望の人はどっちを解いたらいいですか?
高柳司
結論から言えば、まずは、『やっておきたい英語長文700』を解いてみることをオススメします。
ケイコ
なんですか?
高柳司
大学入試の英文で、『やっておきたい英語長文700』以上の難易度、分量の出題がされる大学はそんなに多くありません。

それは、早慶の入試でも例外ではありません。

その点、どんな人に『やっておきたい英語長文700』がオススメなのか紹介します。

『やっておきたい英語長文700』の基本情報

  • 発売日:2005/05
  • (著)杉山 俊一 塚越 友幸 山下 博子 早崎 スザンヌ
  • 出版社:河合出版

『やっておきたい英語長文700』の構成

  • 『やっておきたい英語長文700』は、解答・解説編と別冊の問題編からなっている。
  • 河合出版の『やっておきたい英語長文』シリーズのなかで、『やっておきたい英語長文300』『やっておきたい英語長文500』に続き、3冊目に位置する参考書である。
  • レベルとしては、やや難レベルから難レベルで設定されている。
  • 問題は全部で15題。
  • やっておきたい英語長文500』は、ほとんどすべての大学の入試問題に対応できるレベルの参考書であり、それ以上の難易度と分量である『やっておきたい英語長文700』は、難関大志望の受験生向けの参考書である。
  • それぞれの問題の解答・解説編の中に、Topicとして近年最もよく出題されるテーマが網羅的されるように英文が選ばれ、難関大の入試を突破できるゆるぎない読解力の完成を目指します。

『やっておきたい英語長文300』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

2016.10.19

『やっておきたい英語長文700』の内容

具体的な内容としては、

  1. グローバル化
  2. 食料問題
  3. 自宅教育
  4. 少子高齢化社会
  5. インターネット
  6. 言語論
  7. 国際語としての英語
  8. 文化論
  9. ジェンダー
  10. 環境と経済
  11. 新エネルギー
  12. 地球温暖化
  13. 遺伝子
  14. 脳死
  15. 科学論

『やっておきたい英語長文700』は、問題編が別冊になっているので、問題に取り組みやすい。

さらに、解答・解説編は、それぞれの問題に対して、解答の根拠がしっかりと書かれているので、独学でもきちんと英文に解答する力が身につきます。そして、英文が段落ごとに掲載され、重要な単語、構文、文法について解説が付された状態で読み直すことができるので、問題を解く力だけでなく、様々な用途に使用することができる参考書です。

『やっておきたい英語長文500』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

2016.10.28

『やっておきたい英語長文700』の特徴

  • 近年の入試で必要な読解問題を解けるようになる力を身につけられる。
  • 読解問題を解くために必要な一文一文の構造を正確に捉え、内容を把握する力を身につけられる。
  • 英文は、複数の文が集まって構成されている以上、文と文とつながりを理解する必要があり、長文を読みながら、問題演習をすることで、文脈を読み取る力を身につける。
  • 大学入試に出題される英文のテーマは、年々変化しており、『やっておきたい英語長文700』では、今日的な話題をカバーし、頻出なテーマに備えられる。
  • 良い英文を読み、良い問題を解くことで英文を理解する力が鍛えられる。
  • 近年出題された問題の中から、英文の長さと難易度を基準に繰り返し読むに値する英文を厳選。
  • 最も出題頻度の高い600語から900語で、やや難レベルから難レベルの英文15題を出題。
  • 設問は、ある文章に対して問うべきことー内容の理解と英語の理解ーという観点から、全面的に改変。
  • 難関大学の入試を突破できるゆるぎない読解力の完成が目標。

『英語長文レベル別問題集』シリーズ、難関大学合格者の使い方、勉強法

2016.10.26

『やっておきたい英語長文700』の評判は?

『やっておきたい英語長文700』の評判は、良い評判と悪い評判それぞれあります。

  • 単語が難しいです。あと、内容も難しいです。
  • 『やっておきたい英語長文500』は一題15分くらいですごく簡単だったんですが、『やっておきたい英語長文700』は、むちゃくちゃ難しいです。
  • 全訳を見ても「どうしてそのような訳し方をするの?」と感じる部分があり、使い方には注意が必要です。また、設問になってない部分の構文の説明が薄いので、かなり英語ができる人向けの参考書です。
  • 英文のレベルとしては、英検1級の英文と同じようなレベルであると思います。しかし、内容自体が難しいので、読み進めていくのが苦痛でした。読んでいて、面白いと感じるような文章があればいいなと思いました。
  • いい長文問題集だと思います。全部を深く理解できなければ答えられないような深い設問はあまりありません。
  • あくまでも、和訳や指示語の説明ができたらいいぐらいの内容なので、問題じたいはさほど難しくないと思います。
  • 日本語訳にかなり難があります。訳例が不親切で「なんでこうなるの?」となることがある。
  • もう少し噛み砕いたわかりやすい訳にしてほしい。訳を理解するのに現代文の能力も多少要求される。
  • 構文解説が不親切ということが言われるが、正直このくらいでいいと思う。
  • 構文を懇切丁寧に解説するのは本書のスタンスにそぐわない。構文や解釈を勉強する参考書ではない。あくまでも読解演習の参考書であることを忘れてはならない。

『やっておきたい英語長文700』をマスターすると?

『やっておきたい英語長文700』をマスターすると、難関大を含むすべての大学の入試問題での英語長文を解く実践的な力が身に付きます。

『やっておきたい英語長文700』では、実際の入試問題を厳選し、良質な英文・良質な問題で演習をすることができます。そのため、本番さながらの問題演習は、受験においての得点に直結します。

近年の入試英語において頻出なテーマを英文で読めるように配慮されているので、入試本番で文章として理解しにくいようなテーマの文章が出題されても、得点できるようになります。

高柳司
英文を読む上で、あらかじめテーマについての前提知識があると断然読みやすくなります。

また、英文全体の論理展開についても基礎知識があると、長文を読む上で有利になります。

以下の「ディズコースマーカー」を理解していると、長文を読みやすくなるので、余裕のある人はぜひ取り組んでみてください!

『ディスコースマーカー英文読解』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.02.17

『やっておきたい英語長文700』難関大学合格者の使い方は?

  1. 標準解答時間を目標で、問題を解く。
    すべての問題には、語数と標準解答時間が示してあります。
  2. 解答・解説を読んで、丸付けをする。
    解説には、解答と設問解説、構文・語句解説があります。
    設問解説中の第1・2段落第5文といった表記は、構文・語句解説の番号に対応しています。
  3. 理解できなかった箇所の確認。
    構文・語句解説では、訳例と設問解説で触れなかった、構文および語句の解説があります。設問以外の箇所で理解出来なかった部分を確認してください。
  4. 音読する。
    構文・語句解説では、問題文から下線を省き空所を埋めた形で英文を再録してあります。
    英文を繰り返し読むことで、速読の練習にもなりますし、語彙の定着にもつながります。
  5. 要約をしてみる。
    このときは、英文の構造よりも、内容・論旨を追うことを心がけてください。確認のための要約を活用してください。
高柳司
このレベルになると、シンプルに解くだけでも、とても力になりますよ。

『やっておきたい英語長文700』で合格できる大学は?

早慶上智

早稲田大学
慶應義塾大学
上智大学

GMARCH

学習院大学
明治大学
青山学院大学
立教大学
中央大学
法政大学

日東駒専

日本大学
東洋大学
駒澤大学
専修大学

関関同立

関西大学
関西学院大学
同志社大学
立命館大学

産近甲龍

京都産業大学
近畿大学
甲南大学
龍谷大学

『やっておきたい英語長文700』の次は?

『やっておきたい英語長文700』は完璧にマスターしたら、次の参考書は『やっておきたい英語長文1000』です。

『やっておきたい英語長文』シリーズは、英文の長さとレベルを順序良くあげていき、徐々に難しい英文でも読解ができるように工夫をされています。『やっておきたい英語長文700』をしっかりできるようになれば、難関大を含むほぼ全ての大学入試の問題に対応できます。

しかし、早慶でも超長文が出題される学部を狙っている大学受験生や、MARCH志望でも超長文が出題される学部を狙っている大学受験生大学受験生は、是非『やっておきたい英語長文1000』に挑戦してください。

『やっておきたい英語長文1000』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

2016.11.07

『やっておきたい英語長文700』に関するQ&A

ケイコ
『やっておきたい英語長文700』はいつ頃やるべき?
高柳司
『やっておきたい英語長文700』は、東大や早稲田大を含む難関大学の入試問題からの出題になるので、かなり英語の実力がついてから取り組むべき参考書です。

文法、構文、解釈の知識が当然必要とされる以上に、語彙力と出題されているテーマへの理解ができることが要求されます。

やるべきタイミングは、『やっておきたい英語長文300』『やっておきたい英語長文500』の参考書をしっかりできるようになってからで遅くありません。

10月、11月に取り組めていれば十分間に合う時期なので、まずは、基礎固めをしてからの、本番演習のつもりで臨んでください!

ケイコ
『やっておきたい英語長文700』は早稲田レベルに対応できる?
高柳司
『やっておきたい英語長文700』の問題のレベルは、早稲田大学のレベルでも十分対応できます。

しかし、それも使い方次第なので、一文一文精読をして、文と文のつながりがどのようになっているのか、英文全体としてどのようなテーマで、何を主張したいのかをはっきりと理解できるレベルまで読み込んでください。

このレベルになると、どれだけ丁寧に暗記と演習をできるかということにつきます。

難しい英文ですが、それだけの価値がある参考書ですので、丹念に取り組んでみてください!

【英語偏差値75へ】『おすすめの英語長文の参考書・問題集』難関大合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.07.05

『やっておきたい英語長文700』のまとめ

『やっておきたい英語長文700』は、難関大を含む全ての大学に対応できる偏差値65を目指す受験生にやってほしい参考書です。

この参考書をできるようにしておけば、早慶大の過去問でもある程度が解けるようになるはずです。

しかしながら、早慶の一部の学部には、1000文字を超える超長文が出題されるもののありますので、『やっておきたい英語長文』シリーズの最難関レベルである『やっておきたい英語長文1000』をこなし、志望校合格への足がかりにしてください!

【英語偏差値75へ】『おすすめの英文解釈の参考書・問題集』難関大合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.07.11

協賛企業さま