『やっておきたい英語長文300』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

ケイコ
『やっておきたい英語長文300』っていつぐらいにやればいい参考書ですか?
高柳司
『やっておきたい英語長文300』は、簡単そうに見えて、実は結構レベルの高い参考書ですよ。

今、英単語とか英文法は、どういった調子ですか?

ケイコ
ん〜、『ターゲット1900』の単語は、8割くらい覚えられていますかね…
高柳司
そうゆうレベルなら、『やっておきたい英語長文300』を解いてみるといかもしれません。

解ける部分と、解けない部分があると思います。

そこから自分の課題を見つけてみてください。

『やっておきたい英語長文300』の基本情報

  • 『やっておきたい英語長文300』
  • 発売日:2004/12/16
  • (著)杉山 俊一 塚越 友幸 山下 博子 早崎 スザンヌ
  • 出版社:河合出版

『やっておきたい英語長文300』の構成

  • 『やっておきたい英語長文300』は、解答・解説編と別冊の問題編からなっている。
  • 河合出版の『やっておきたい英語長文』シリーズのなかで一番語数の少ない、簡単な問題を集めたものである。
  • レベルとしては、センター試験レベルの英文を読みこなせるようになることが設定されている。
  • また、それぞれの英文の中で使用さえている頻出の英文法についてPointとして紹介をしており、正確な英文解釈に求められる事項を紹介している。

具体的な内容

『やっておきたい英語長文300』の問題集/参考書構成

  1. doの用法
  2. 分詞の形容詞用法
  3. 動名詞
  4. 分詞構文
  5. 付帯状況のwith
  6. 疑問視+to do
  7. 形式主語と形式目的語
  8. 同格の that と関係代名詞の that
  9. 関係代名詞の that
  10. the way S V
  11. 関係副詞
  12. 非制限用法の関係詞
  13. 連鎖関係詞節
  14. 二重限定の関係詞節
  15. whether
  16. if
  17. no matter wh-節
  18. 譲歩の as
  19. 程度を表す表現
  20. 的を表す表現
  21. not only X but also Y
  22. 強調構文
  23. 省略
  24. 副詞節内の省略
  25. 倒置
  26. 仮定法
  27. 仮定法の条件節の倒置
  28. 共通関係
  29. 最上級相当表現
  30. the + 比較級

『やっておきたい英語長文300』は、問題編が別冊になっているので、問題に取り組みやすいです。

さらに、解答・解説編は、それぞれの問題に対して、解答の根拠がしっかりと書かれているので、独学でもきちんと英文に解答する力が身につきます。

そして、英文が段落ごとに掲載され、重要な単語、構文、文法について解説が付された状態で読み直すことができるので、問題を解く力だけでなく、様々な用途に使用することができる参考書です。

『やっておきたい英語長文300』の特徴

  • 近年の入試で必要な読解問題を解けるようになる力を身につけられる。
  • 200語から400語の比較的短めで、やや易から標準レベルの英文30題を出題。
  • 設問は、ある文章に対して問うべきことー内容の理解と英語の理解ーという観点から、全面的に改変された。
  • 読解問題を解くために必要な一文一文の構造を正確に捉え、内容を把握する力を身につけられる。
  • センター試験レベルの英文を読みこなせるようになるのが目標。
  • なによりも良い英文を読み、良い問題を解くことで英文を理解する力が鍛えられる。
  • 英文は、複数の文が集まって構成されている以上、文と文とつながりを理解する必要があり、長文を読みながら、問題演習をすることで、文脈を読み取る力を身につけられる。
  • 大学入試に出題される英文のテーマは、年々変化しており、『やっておきたい英語長文300』では、今日的な話題をカバーし、頻出なテーマに備えられる。
  • 近年出題された問題の中から、英文の長さと難易度を基準に繰り返し読むに値する英文を厳選。

『やっておきたい英語長文300』の評判は?

『やっておきたい英語長文300』の評判は、良い評判と悪い評判それぞれあります。

  • まず、『やっておきたい英語長文300』は良問揃いです。
  • 問題により、難度の差があると感じるとのこと。これは事実です。ただ、このレベルではあなたにとっての難問は、他の人にとって難問ではない場合も数多くあります。
  • あなたの知識にムラがあるため難度差がでているととらえましょう。
  • 難しいと感じるジャンル、設問、単語を集中的に勉強しましょう。
  • 弱いところに気が付いて、対策することが、大学受験で合格をつかみとる王道です。
  • 『やっておきたい英語長文300』は国公立大学やそこそこの大学の過去問を扱っているので、それが難しいと感じるなら、弱点補強を集中的に対策することがオススメです。
  • 『やっておきたい英語長文300』は、薄い参考書なので、すごく取り組みやすいかと思います。
  • 失礼かもしれませんが『やっておきたい英語長文300』はとても簡単ですよ。教科書と大体同じかそれ以下だと思います。
  • センターレベルの問題もありますが、ほとんどの問題は明らかにセンター試験の英語長文問題より難しいです。
  • 『やっておきたい英語長文300』は、解答解説が余り詳しくないのでお奨めしません。
  • センター試験の英語の問題の方が、設問が簡単!英文のレベルは変わらないけど。
  • 個人的に同じレベルでも長文毎に難易度の差があるように感じました。あと『やっておきたい英語長文300』をセンター試験と同じようなレベルだと思って解いたら全く解けなかった経験があります。
高柳司
『やっておきたい英語長文300』は、「やっておきたい英語長文」シリーズの一番簡単な参考書ですが、みくびってはいけません。

ある程度単語が読めたり、文法が少し分かったとしても、それで終わりにしてはいけません。

長文の問題集は、きっちりリーズニングをして、正解までの解答根拠を導けるように、習慣づける練習を役立ててください。

早慶レベルの英語長文の読解問題は「URCモデル」で解決できる!

2017.03.27

『やっておきたい英語長文300』をマスターすると?

『やっておきたい英語長文300』をマスターすると、英語長文の読解問題を解くのに必要な総合的な力が身に付きます。

『やっておきたい英語長文300』では、実際の入試問題を厳選し、良質な英文・良質な問題で演習をすることができます。そのため、本番さながらの問題演習は、受験においての得点に直結します。

また、近年の入試英語において頻出なテーマを英文で読めるように配慮されているので、入試本番で文章として理解しにくいようなテーマの文章が出題されても、得点できるようになります。

【英語偏差値75へ】『おすすめの英文解釈の参考書・問題集』難関大合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.07.11

『やっておきたい英語長文300』難関大学合格者の使い方は?

  1. 標準解答時間を問題を目標に解く。
    問題には、語数と標準解答時間が示してあります。
  2. 丸付けをする。
    設問解答を読み、解答を確認してください。解説には、解答と設問解説、構文・語句解説があります。設問解説中の第1・2段落第5文といった表記は、構文・語句解説の番号に対応しています。
  3. 構文・語句解説では、訳例と設問解説で触れなかった、構文および語句の解説があります。設問以外の箇所で理解出来なかった部分を確認してください。
  4. 繰り返し読み込む。
    英文を繰り返し読むことで、速読の練習にもなりますし、語彙の定着にもつながります。構文・語句解説では、問題文から下線を省き空所を埋めた形で英文を再録してあります。

『やっておきたい英語長文300』で合格できる大学は?

日東駒専

日本大学
東洋大学
駒澤大学
専修大学

産近甲龍

京都産業大学
近畿大学
甲南大学
龍谷大学

『やっておきたい英語長文300』の次は?

『やっておきたい英語長文300』は完璧にマスターしたら、次の参考書は『やっておきたい英語長文500』です。

『やっておきたい英語長文』シリーズは、英文の長さとレベルを順序良くあげていき、徐々に難しい英文でも読解ができるように工夫をされています。センター試験や日東駒専を志望する大学受験生は、『やっておきたい英語長文500』までやる必要はありません。

しかし、MARCHや早慶レベルを狙っている大学受験生は、必ず『やっておきたい英語長文500』にステップアップしてください。

『やっておきたい英語長文500』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

2016.10.28

『やっておきたい英語長文300』に関するQ&A

ケイコ
『やっておきたい英語長文300』のレベルは?
高柳司
『やっておきたい英語長文300』の英文のレベルは、センター試験レベルとそんなに変わりはありません。

しかし、全て解答がマーク式のセンター試験と異なり、問題の形式が、選択問題、下線部和訳、書き換え問題、正誤問題と多岐にわたるので、英文に比べて問題のレベルが高いと感じるはずです。

【英語偏差値75へ】『おすすめの英文法の問題集』難関大合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.06.05
ケイコ
『やっておきたい英語長文300』で出題されるテーマは?
高柳司
『やっておきたい英語長文300』は、様々な問題形式が出題されているだけでなく、英文のテーマも近年の入試問題に合わせて、人文学系、社会科学系、生物学系と受験生には馴染みのないテーマからの出題も少なくありません。

多くの受験生にとっては、センター試験の英文を読みこなすための絶好の参考書です。

ケイコ
『やっておきたい英語長文300』を解答時間は?
高柳司
『やっておきたい英語長文300』には、問題番号の横に標準解答時間が示されています。標準解答時間を目標に解いてください。

基本的には、300wordを15分前後で計算されているようですが、センター試験や私立大学の入試問題においては、長文問題を複数解答することになるので、1問にこだわりすぎると解答時間がなくなってしまいます。

『やっておきたい英語長文300』の問題を解く時から、解答時間を意識した問題演習を心がけておくと、実際の入試問題でも時間配分を意識した解き方になるでしょう。

【英語偏差値75へ】『おすすめの英単語の参考書』難関大合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.03.17

『やっておきたい英語長文300』のまとめ

『やっておきたい英語長文300』は、センター試験や早慶上智、GMARCH、日東駒専、関関同立、産近甲龍などを受験する、すべての大学受験生が必ず一度は「やっておきたい」参考書です。

良質な英文を、良質な問題を交えて読み解くことにより、内容の理解だけでなく、英文の理解を深めることが可能です。

センター試験や、GMARCHレベルの問題に挑戦する足がかりとして、まずはこの参考書に取り組んでみてください。

【英語偏差値75へ】『おすすめの英語長文の参考書・問題集』難関大合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.07.05