効率よくセンター試験(英語)で150点・75%取るやり方、勉強法

マーク模試を受験し、「多分こっち!」と運任せで解答用紙を埋め、英語の自己採点をした結果、200点中70点程度。

そんな偏差値50未満の受験生も数多くいるのではないでしょうか?

また、英語長文を読めるようにするため、英単語や英熟語の暗記に多くの時間を費やしてる受験生も数多くいます。

しかし、実は英単語を暗記しても、英語長文読解や英文法問題で得点できません。

学校や予備校の先生は教えてくれませんが、実は大学受験の英語は、「読む技術(単語力)」と「解く技術(リーズニング)」の両輪が揃って始めて得点できるようになります。

今回は、偏差値30~40台の受験生が、センター試験の英語で150点、75%を取る勉強法として、実際に受験生からの質問や、私の経験談を交えて、効率的な受験勉強のやり方と目的についてお伝えします。

ぜひ、参考にしてください。

英単語・英熟語の勉強法

Q1.センター試験の英語で平均点を取るために最適な英単語・熟語帳?

センター試験の英語で、平均点が取れる時もあれば、あと10点くらい足りない時があります。

安定してセンター試験の英語で平均点(150点、75%)を取るためには、どのくらい英単語や英熟語を暗記したらよいですか?

【A】

英語の得点力を安定させる2つの秘訣は、、、「見たことがある」という単語を一つでも多くすることが大切です。

そのためにも、

  1. 1語1訳で暗記する
  2. とにかく毎日進み続ける

の2点を心がけてください。

1単語の日本語訳、全て一度に暗記するより、1語1訳でどんどん先に進み、最速で単語帳・熟語帳を一周回すことを意識してください。

Q2.センター試験の英語対策、オススメの英単語帳・英熟語帳は?

学校で配られた英単語帳がいいのか、予備校でもらった合格体験記で先輩が使っていた英単語帳がいいのか、頭のいい友達が使っている英単語帳がいいのか、迷っています。

センター試験の英語で平均点(150点、75%)を取るために、オススメの英単語帳や英熟語帳はありますか?

私は一体、どの英単語帳・英熟語帳を使用したら良いのでしょうか?

【A】

オススメの英単語帳は、2つだけ!

『システム英単語』または『単語王2202』がおすすめです。

英熟語は、『速読英熟語』または『英熟語1001』がオススメです。

これらは、毎年、多くの難関大学合格者の使用している「定番中の定番」の参考書です。

Q3.センター試験の英単語対策、1日何単語暗記?

暗記が苦手です。

学校の宿題もしっかりやっていますが、ミニテストで満点を取ったことは1回もありませんし、定期試験の英単語問題は壊滅的に正解できません。

そんな暗記が苦手な私は、1日何個を暗記したら良いのでしょうか?

【A】

1日50単語なら確実に、30単語でも十分早慶に受かりますよ。

私は1日50単語を暗記し続けて、早稲田大学政治経済学部に合格しました。

毎日、1日50単語暗記。

これで十分にセンター試験の英語で75%取れます。

部活や今まで英単語・英熟語を毎日暗記し続けた経験はない受験生は、1日30単語でも良いので、毎日英単語・英熟語を暗記し続ける習慣を身に付けましょう。

Q4.復習のタイミングはいつが最適ですか?

学校の先生とかお母さんから「復習した?」とよく言われます。

復習は、毎日決まった分だけ計画的にやった方が良いことは分かっていますが、少しやったらその分を復習した方が良いのでしょか?

または、ある程度進んだら、一気に復習する方が良いのでしょうか?

【A】

1週間単位で区切って、全範囲を横断的に復習してください。

また、この時期は、1週間で覚えるべき範囲を完璧に暗記できらた、翌週は次のセクションへ進みます。

その際、以前のセクションを復習できたら最高ですが、この時期の目標は、「1セクションづつ完全マスターして、どんどん先に進むこと」です。

換言すると、先に進む限り「前のセクションは忘れても良い」ということです。

前のセクションは気にせず、ドンドン先に進んでください。

Q5.復習はやりたくないが、成績は伸ばしたい?

復習が苦手で、昔からやったことはありませんし、これからもやりたくありません。

成績は伸びますか?

【A】

伸びません。

あと、浪人はオススメしませんよ。あなたの勉強方法では成績が伸びないので。

大学進学が全てではありません。早めに大学受験を見切って、就職してください。

英文法の勉強法

Q1.センター試験の第二問対策はどれくらい必要ですか?

センター試験の第二問(英文法、語法問題)の得点が安定しません。

模試の結果が返って見返すと、平均点に届くときもあれば、半分くらいしか正解できない時もあります。

センター試験の英文法・語法問題は、一度身に付いてしまえば得点が安定すると先輩から聞きました。

どのくらい対策をすれば平均点を常に取れるようになりますか?

【A】

『Next Stage(ネクステ)』をマスターすれば大丈夫です!

センター試験レベルの英文法・語法問題は、「ネクステ」などの文法が網羅的に確認できる参考書を使用し、暗記・理解が出来ていれば問題ありません。

英文法とは、「英語の文の法則」なので、暗記をしなければいけない部分が相当数存在します。

センター試験で75%を取るためには、暗記が9割、理解が1割のイメージです。

繰り返し説きなおして、しっかりリーズニングをやって、知識を定着させましょう!

英文解釈の勉強法

Q1.英文解釈のオススメの参考書は?

英文解釈の問題集や参考書は、どれも同じことが書いてあって、どれも解答解説が同じように見えます。

本屋さんに行っても、『英文解釈の技術』シリーズか、『ポレポレ』が人気と書いてあります。

オススメの英文解釈の問題集はありますか?

【A】

英文解釈は『入門英文解釈の技術70』か『基礎英文解釈の技術100』で決まりです。

個人的には『入門英文解釈の技術70』がオススメですが、『基礎英文解釈の技術100』でもOKです。

学校で配られた方で問題ありません。

詳しい使い方は、『「英文解釈の技術」シリーズ、6つの特長と効率的な勉強法10ステップ』を参考にしてください。

ちなみに、『ポレポレ』は、名前は可愛いけど、問題は難しいです。早慶上智を志望している大学受験生は、偏差値60くらいになったら解くと、効果が高いですよ。偏差値50の受験生が解いても、オーバーワークで意味がありません。

Q2.センター試験の英文は全て和訳する?

学校のリーダーの宿題で、全訳の宿題が良く出ます。

学校の先生も塾の先生も「全訳が出来れば、英語長文に正解できる」と言っています。

センター試験の英語で高得点を取るためには、問題で出されている英文の全訳は必要なのでしょうか?

【A】

目的により、やることも変わってきます。

あなたの目的は、センター試験の問題文を全訳できるようにすることですか?

それとも、全ての設問にある全ての選択肢を正しくリーズニングをして、高得点を取ることですか?

もし、センター試験の英語で高得点を取ることが目的なら、センター試験の英文をすべて和訳する必要はありません。問題を解く際に必要な部分のみ正確に訳ができれば十分です。

ただし、学校の成績は「先生の言うことに従って勉強したか?」がポイントなので、AOや推薦狙いで、良い評定平均が必要なら、しっかり先生の言うことを聞いて宿題を頑張りましょう。

早稲田大学や慶應義塾大学に合格するためには、全訳はいりません。

Q3.センター試験の英文は、どれくらいのレベル?

「センター試験の英語は簡単」という噂を聞きます。

実際に英文を少し読んでみると結構わかりますが、読めない文章もあったりします。

センター試験対策として、難しい英文を読む練習をしなくて、本番で平均点(150点、75%)は取れるのでしょうか?

【A】

センター試験の英文を読むために、高いレベルの英文解釈力が求められることはありません。

英語長文を理解するための過程として、正確に訳をしなければいけない部分はありますが、最低限の知識で十分対応できます。

今、あなたが解いている問題集をしっかりやれば、確実に読めるようになりますよ。

センター試験もそうですが、長文読解問題は、「読むことは簡単、解くのは難しい」ことが多いです。読めるようになったら、しっかり解く練習をしてください。

英語長文の勉強法

Q1.センター試験の英語の正答率が安定しません。どうしたらいいですか?

センター試験の英語長文の正答率が低いです。

しっかり本文を読んで選択肢を切っていますが、点数に波があります。

正答率を高めつつ、高い得点率で安定する力をつけるには、どうしたらいいですか?

【A】

センター試験の英語の英語長文の点数が安定しない受験生は、本文の記述内容に基づいて選択肢に答えること(これをリーズニングと言います。)が出来ていません。

この「リーズニング」をセンター試験の過去問や問題集を通じて、徹底的に練習することで、解答でミスをすることが圧倒的に少なくなります。

「リーズニング」を初めて行う場合、あなたが過去に解いたことがある長文読解問題を解いた際、3倍時間がかかります。

「リーズニング」は、かなり大変な勉強法ですが、センター試験英語を平均点(150点、75%)を、運に依存せず、実力でしっかり確実に取るためには必須となります。

「リーズニング」の詳しいやり方は、「リーズニングのやりかた」を参考にしてください。

Q2.センター試験の英語が解き終わらない?

センター試験の英語が解き切りません。

いつも最後の問題は適当にマークして終わります。

僕は読むのが遅いのでしょうか?

【A】

センター試験の英語の難しい点は、英文そのものは難しくはありませんが、量が多くて読み終わらないことです。

  • 量が多く、正確に解くためには「リーズニング」が必要。
  • 「リーズニング」をすると、解く時間が更にかかる。

このジレンマを解決することが重要となります。

そこで必要になることが、リーズニングの時間短縮の練習です。

今まであなたが時間切れになる理由は、解答根拠を求めて、本文と選択肢を行ったり来たりする時間が膨大だったからです。

きっと5往復程度はしているのではないでしょうか?

それを最大2往復で解答根拠を探す練習をしてください。

1往復にかかる時間は多くて大丈夫です。しっかり2往復で解答根拠を見つける練習をすると、英語長文を解くスピードがグングン上がることを実感するでしょう。

決して「読むスピード」が遅いわけではありません。「解くスピード」が遅いのです。

英作文の勉強法

Q1.センター試験の英語で、英作文の対策は必要?

センター試験の英作文対策をしていますが、なかなか英文を書けるようになりません。

なにか良い対策はありますか?

【A】

センター試験(英語)の過去問を一度でも見たことはありますか?

センター試験では英作文の出題はありませんよ。よって、センター試験(英語)の英作文に対して、特別な対策は必要ありません。

しかし、今後進めていく英作文の勉強の基礎固めとして、英文解釈の勉強をしっかり行ってください。英作文で高得点を取る秘訣は、英文解釈(SVOCM、挿入句など)をマスターすることが第一条件となります。

そのためにも、先ずは「センター試験の英語に英作文が出ないから!」と言って何もしないのでなく、今後のためにも英文解釈の勉強をしっかり行ってください。

リスニングの勉強法

Q1.センター試験のリスニングで満点とるには?

センター試験のリスニングで満点が取りたいです!どうしたらいいでしょうか?

いつも25~30点くらいです。短期間に一気に対策する勉強法を教えてください。

【A】

センター試験のリスニングレベルでは、特別な勉強は必要ありません。

あなたが読解している英語のレベルが聞き取れれば、問題なく解答することが出来ます。

そのためにも、英語長文に付属してくるCDをしっかり聞きとることが重要です。

それでも不安な人は、センター試験の過去問を取り組めば確実に50点満点取れますよ。

Q2.センター試験のリスニングのイヤホンが合わない?

イヤホンが苦手です。

センター試験本番でもイヤホンだと思いますが、いつも自分が使っているヘッドフォンを使うことも出来ますか?

【A】

出来ないでしょ(笑)

自分のヘッドフォンを使ったら不正行為で一発アウト、退場ですよ。

まとめ

センター試験の英語で75%を取ることはそれほど難しいものではありません。

基本的な知識を身に付け、解答する練習すれば誰でも取ることは出来ます。

それにも関わらず、受験生の多くが、満足の出来る点数を取ることができないのは、必要な知識が身についていないこともありますが、最も大きな原因は「リーズニング」を行っていないことです。

正しい解き方をしていないことに大きな問題にあります。

「暗記」と「リーズニング」を強烈に意識をして勉強を進めてください。

英語の大学受験の勉強法

第一段階:偏差値30~40台→センター試験の英語で75%を取るための勉強法(準備中)

第二段階:センター試験75%取得→偏差値63(早大教育学部合格レベル)を取るための英語の勉強法(準備中)

第三段階:偏差値63(早大教育学部合格レベル)→偏差値70(早大政経学部合格レベル)を取るための英語の勉強法(準備中)