早慶レベルの英語長文の読解問題は「URCモデル」で解決できる!

こんにちは!
ジーパス予備校の高柳です!

突然ですが!
あなたは、英語長文読解が得意ですか?
本文が正確に読めれば、英語長文に正解できると思ってませんか?

はっきり言いましょう!
全然甘いです!

毎年、多くの大学受験生から相談を受けていて、英文が読めさえすれば長文読解が解けると思い込んでいる人が多すぎます。
本文が読めて正解できるなら、現代文の読解問題に全問正解できますか?
いま、この記事を読んでいる人で、センター試験の現代文を100点満点取ったことがある人が何人いるでしょう?

「センター試験で満点取る必要なんてないよ!」という人がいますが、そんなのは出来ない受験生の言い訳です。取ることができないから、「取る必要がない」と言っているだけのクズ受験生です。

あなたはそんなクズ受験生でなく、「満点を取ったことはないけど、毎回、満点を取ろうとしている」と思います。

今回は、英語の長文読解問題で、満点を取れる最強ツール「URCモデル」をご紹介します。

最強ツール:URCモデル

今日は、URCモデルという問題に正しく解答するためのフレームワークについて講義をしてきますね。

まず、URCモデルの説明の前に、あなたが入試などで問題を実際に解く際のフローを確認していきましょう。

あなたが期末試験を受けるとき、または模擬試験や大学入試本番を受けるとき、

  1. 先ず最初に問題冊子が配られ、
  2. 開始時間が来るまで問題冊子の表紙を眺めながら、
  3. 時に中身が見えないか目を凝らして問題冊子を見つめている。

をしていませんか?

私も経験がありますが、1秒でも早く問題の内容を知りたいので、必死に表紙を透視していました(笑)。まぁ、一度も読めたことがありませんが(笑)

そして、試験開始時間がきたら、先生の合図と一緒に問題冊子を開いて、問題文を読んで、解答用紙を埋めていきますよね。

問題の種類は、マーク式があれば、記述式もある。穴埋め問題もあったり要約問題も出題される。英作文では、使用ワードが決められている場合もあれば、自由英作文もあります。

こんな多種多様の問題が出される試験に、いつも正しいアクションを選ぶにはどうしたら良いと思いますか?

多くの受験生は、解き方について、いつも迷っています。

  • 選択肢を読んでから、本文を読んだ方がいいのか。
  • 本文を読んでから、選択肢を読んだ方がいいのか。
  • マーク式で2択まで絞ったのに、最後に間違えた経験をしたことが人も多いと思います。

記述問題は、最も悲惨な状況となります。何を書いたらよいか分からず、「こんな答えで良いのかな?」を恥ずかしい気持ちで取り敢えず解答を書く、こんな受験生も多いはずです。

わたし自身、大学受験生の頃は、あなたと全く同じ気持ちでした。正解かどうかも分からない解答を書くときは、恥ずかしかった思い出があります。

そんな色々な問題が出題される大学入試問題で、間違わず、正しい選択肢を選ぶためのツールが、URCモデルなんです。

URCモデル
3つのフェーズで一切迷わず、正解を導く

URCモデルでは、長文読解問題を3つのフェーズに分解します。

長文読解問題では、選択肢を先に読むのか本文を読むのか、英文法での空欄補充問題の解き方や並び替え問題の正解率を加速する方法…。

こうした高度な判断は、URCモデルのいまどこにいるのか適正に判断することにより正しく行うことができるようになります。

それでは、URCモデルはパワフルなツールを紹介していきましょう!

URCモデル
第1フェーズ:Uフェーズ

UフェーズのUは、Understanding(理解する)のUです。

問題文をしっかり読んで、何が書いてあるか、どんな文章展開がされているか、どこに空欄補充があるかを正しく理解するフェーズです。

Uフェーズでは、問題文全体を俯瞰的に見て、理解することに専念してください。

多くの受験生に【ウソの知識】が広まっています!

よく設問から読み始めると良いという人がいますが、どんなに選択肢を丁寧に読み取っても、本文と違うことや本文に書いていない内容だったら、その選択肢は正解には絶対になりません。

選択肢を絞る前に、本文が読めていないとダメなんです。
ここを間違えると、長文読解問題は絶対に得意になりません。

あなたがやることは、まず本文の内容を正しく「理解する」こと。
これがUフェーズの目的になります。

本文を正確に理解することができたら、次は選択肢を絞るフェーズに進みます。

選択肢の絞るのがすごく苦手な受験生も多いと思います。けど、大丈夫!最初は誰だって、選択肢を絞るのは苦手ですかね。選択肢を正しく絞っていたら、もっと点数を取れてるでしょ?
そうしたら、今ここで私に相談してないと思います(笑)

正しく、選択肢を絞り、正解に確実に行き着くためのフェーズが2番目のR、reasonigです。

URCモデル
第2フェーズ:Rフェーズ

RフェーズのRは、Reasoning(理由付ける)のRです。ちなみに、Reasoningは、reasonを動名詞にした単語ですね。

このReasoning(リーズニング)をしっかりやることで、本文の内容に沿った選択肢を選べるようになります。リーズニングは英語長文問題を解く際にとてもパワフルにワークします。『単語王2202』で有名な中沢一先生も、リーズニングの大切さを、問題集の大部分を割いて説明します。

私たちジーパス予備校が指導しているリーズニングは、誰でも簡単に直ぐできます。(やり続けることは大変ですが!)そんなReasoning(リーズニング)の正しいやり方は、【英語】リーズニングの勉強法|合格と不合格の分岐点」を参考にしてくださいね。

不合格の勉強法【英語】リーズニングの勉強法|合格と不合格の分岐点

2014.10.15

英単語や英熟語、構文を暗記して、英文解釈をやっているのに、長文読解が苦手な受験生の90%はリーズニングをやっていないという統計があります。

きっと、今この文章を読んでいるあなたもリーズニングをやっていなかったと思いますし、学校の先生も、いま通っている予備校の先生もリーズニングについて詳しく教えてくれなかったと思います。

そこが問題なんです!学校や予備校の先生は、良くも悪くも指導歴が長いので、毎年同じテキストや自分で考えた問題を作って教材にしていますよね?だから、リーズニングをしなくても、解答根拠が即答できてしまうんです!

けど、生徒はそうはいきませんよね。出題内容は、初めて見る問題ですし、見たことがない英単語がチラホラあるし、選択肢もいまいちよく分からない。

本文に沿って、正しくリーズニングをし、丁寧にURCモデルをワークさせると、誰でも高校や予備校の先生のように問題が解けるようになります。

ここまでパワフルなリーズニングは、長文読解だけでなく、あらゆる科目、教科で成績を伸ばすために絶対に必要なツールなんですが、ここで1つ疑問が生まれます。

リーズニングをしなくても、正解できる問題ありませんか?

センター試験やマーク模試でも、単語力がある受験生なら半分くらいは正解できるんですが、偏差値55で成績が止まります!

なぜか?

それは、リーズニングをしなくても解ける設問は、直感で解ける問題なので、多くの受験生が正解できる問題です。つまり差がつかない問題なんです。

第一志望校に合格するには、みんなが間違える問題を、あなたが正解すれば良いのです。そのためには、誰でが正解するような直感で解ける問題だけでなく、直感で解くと間違える問題に多く正解する必要があるのです。そのためには、英語長文問題を直観ではなく、論理的に解くリーズニングが必要不可欠なんです。

来るべき入試本番に向けて、リーズニングの訓練を続け、問題文と選択肢を何往復もしなくても素早く解答根拠を見つけるようになってください。ちなみにリーズニングは、入試本番でも実施してくださいね。

第URCモデル
第3フェーズ:Cフェーズ

正しく本文を読み、すべての選択肢にリーズニングをする。
そして、最後のフェーズがC。CHOICE、選択です。

実は、早慶レベルの問題になると、正しくリーズニングをしても、選択肢が2つ残ることがあります。正しくは、正解は1つなんだけど、リーズニングをすると適切な選択肢が2つ残る問題があるんです。

どういう意味か?

大学入試では「困ったら本文に戻る」という大原則があります。それでは、問題文に戻ってみましょう。問題文には何て書いてありますか?「次の選択肢のうち、最も適切なものを選べ。」ですね。

「次の選択肢のうち、最も適切なものを選べ。」とは?

ここで重要なことは「最も適切なもの」を選ぶことんなんです。正しい選択肢は何個かあるかもしれないけど、それらを比べて、「最も正しい選択肢」を1つだけ選びなさい、と問題文に書いてありますよね。

ここに気づかずにリーズニングをしている途中で解答を確定すると、失点することになってしまいます。
(1)✖️
(2)✖️
(3)◯ ←ここで解答を確定すると間違える!
(4)
(5)

失点をなくすためには、
(1)✖️
(2)✖️
(3)◯ ←ここで解答を確定しない
(4)✖️
(5)◯ ←最も正しい選択肢はこれ!

Rフェーズで丁寧にリーズニングして(3)と(5)の2択まで絞る。次いでCフェーズ、正しく選択することで(5)を解答できるんです。

せっかくUフェーズで正確に本文を理解して、リーズニングをしても、Cフェーズでミスをすると点数は取れません。そのためには、最後までしっかりリーズニングをして、複数選択肢が残ったら、比較して、吟味して、解答を選んでください。

そう、あなたが今迷っている選択肢こそ、合否の分かれ道になる問題なのですから。

URCモデル:まとめ

読解問題を解くための最強ツール、URCモデルを紹介しました。

 

URCモデルとは?

  1. U(Understanging)フェーズ:本文を正しく理解する。
  2. R(Reasoning)フェーズ:リーズニングを丁寧に実施する。
  3. C(Choice)フェーズ:適切に選択する。

誰でも解ける問題、直感で解ける問題は、U→Cになることもありますが、それは汎用性が低い解き方となり、結果として偏差値55で頭打ちになります。

偏差値55だと、日東駒専(日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学)にギリギリ合格できる学力です。

  • 日東駒専に余裕で合格したい。
  • MARCH志望の受験生。
  • 早慶上智などのトップ大学に進学したい生徒。

は、絶対にURCモデルに沿って、U→R→Cに順で丁寧に解いて行ってくださいね。

このURCモデルを理解していない受験生が英単語を覚えてもムダな努力になります。最低でも3回は読み込んで、しっかり理解して下さい!