『一億人の英文法(東進ブックス)』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

高柳司

大学受験を終えたあと、ふと立ち寄った書店で『一億人の英文法(東進ブックス)』を手に取り、衝撃を受けました。
それまで『総合英語Forest(フォレスト) 4th Edition』(!!)や『ロイヤル英文法―徹底例解』などを読んでいて感じていた英文法の難しさを思い出した瞬間でした。

しかし、今手元にある『一億人の英文法(東進ブックス)』を改めて読むと、また違った感想があります。

大学受験の英文法に必要なものはなにか?

答えは本記事の最後に。

『一億人の英文法(東進ブックス)』の基本情報

『一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)』
発売日:2011/9/9
(著)大西 泰斗 、ポール・マクベイ
出版社:ナガセ

『一億人の英文法(東進ブックス)』の構成

はじめに  
本書「一億人の英文法」は,英語を必要とする日本人すべてのために作られた新しい英文法体系です。
中学生から大学受験生,さらに仕事で英語を必要とされる方々まで,どなたでも楽しみながら英語の実践力を身につけることができる内容になっています。  
「英語の実践力」とは,受験生にとっては大学受験を乗り越える力を指しています。ビジネスパーソンにとっては英語を話すことができる力を指しています。
従来の英語学習では,受験は受験スペシャルの特別な――そして実用に供さない――文法が基礎となっていました。
そして話すことを目的にしたとき初めて,その知識がまるで役に立たないことに気がつかされてきたのです。
なんという非効率。
 英語は英語。大学受験英語も実用英語もありません。一冊ですべてをまかなうことができるのですよ。この文法書が,英語を志す方すべてに途切れのない一本の道を示すことができれば,それに勝る喜びはありません。
大西泰斗 ポール・マクベイ

はしがきより引用

本書は,これまでの文法書とは異なった目的と特徴をもっています。
「異なった目的」とは「英語を話す」ということです。
英語を話すために必要なのは,ネイティブの意識です。
彼らが単語を使うとき,文を作るときどういった意識でそれを行っているのか,それを知りコピーする。それが英語を話し,そして彼らと同じ簡便なやり方で読み,聴きとるための要諦なのです。  
英語を話す――この目的を実現するために,私は本書に,従来の文法書にはない以下9つの特徴を与えました。
(1)文法用語からの解放
(2)文を作るための簡単な原則を解説
(3)項目の順序性
(4)すべての形に意識を通わせました
(5)すべての表現に意識を通わせました
(6)「なぜ」に答えました
(7)実用に役立つ例文
(8)イラストの多用
【目次】  
CHAPTER 0 英文法の歩き方
■PART 1:英語文の骨格  
CHAPTER 1 主語・動詞・基本文型  
CHAPTER 2 名詞
■PART 2:修飾  
CHAPTER 3 形容詞  
CHAPTER 4 副詞  
CHAPTER 5 比較  
CHAPTER 6 否定  
CHAPTER 7 助動詞  
CHAPTER 8 前置詞  
CHAPTER 9 WH修飾
■PART 3:自由な要素  
CHAPTER 10 動詞-ing形  
CHAPTER 11 TO 不定詞  
CHAPTER 12 過去分詞形  
CHAPTER 13 節
■PART 4:配置転換  
CHAPTER 14 疑問文  
CHAPTER 15 さまざまな配置転換
■PART 5:時表現  
CHAPTER 16 時表現
■PART 6:文の流れ  
CHAPTER 17 接続詞  
CHAPTER 18 流れを整える
公式サイトより引用

『一億人の英文法(東進ブックス)』の特徴

「話せる英語」を最速で達成するための文法書
 大学受験の突破(読解力の養成)だけではなく、最終的には英語を書き、英語を話せるという実用的な英語力を身につけてもらう。
 それが本書の目的です。

英語のシステムも最も「カンタン」に解説
 文法用語を極力排し、「配置のことば」である英語の原則や知識の項目を、英語を理解するために最適な順に収録。
 英語はこんなに「カンタン」なのです。

ネイティブスピーカーの「意識」を詳しく解説
 英語を話すために必要な「ネイティブの意識」を、豊富なイラストとコラムで詳細に解説。
 彼らと同じように英語を話し、読み、聞き取るための知識が満載です。

高校生から社会人まですべての人が読者対象
 英語を必要とするすべての日本人のために作られた全く新しい英文法体系。
 大学受験はもちろん、社会で実際に英語を使うためにおおいに役立ちます。

『一億人の英文法(東進ブックス)』の評判は?

『一億人の英文法(東進ブックス)』の評判は、良い評判と悪い評判それぞれあります。

一日かけてしっかり読破しました。
印象としては「Forest」のような文法参考書ですね。
文法事項が体系的にまとめられていて、付録に「不規則変化表」や「数の表現」「文内で用いられる記号(,や:など)」の解説も付いています。
ただ、類書と違うところは、文法事項をネイティブスピーカーの視点でとらえて解説しているところでしょう。
今までに大西先生が書いた本(ネイティブスピーカーシリーズやハートで感じるシリーズ、イメージ英文法シリーズなど)で一貫して行ってきたことです。
今までにあった文法参考書は、学習者が幾度とぶち当たる「何でそうなるのか?」に答えられていないことが多いのですが、この本は「なぜそうなるのか」ということを中心にして書かれており、納得しながら学習を進めて行けます。ネイティブスピーカーが英語を話す時のイメージ、感覚を身につけることが出来、応用も利きます。
今回の一億人の英文法は話すための文法語法の解説を全部網羅しているので、大西先生の本の集大成と言えるでしょう。
文法事項の解説は今まで出ていた本の中で、一番洗練されていると思われます。
でも、前置詞や副詞(out,off,up,down)などの語彙に関してはネイティブスピーカーシリーズの方が分かりやすいと思いました。
1冊の本にまとめるために、割り切った書き方をしなくてはならないと思うので、仕方がないですかね。
東進ブックスということもあってか、受験英語を少し意識しているように思いました。
私は英語教育者ではないので確実なことは言えませんが、受験英語の観点から見ても必要十分を満たしていそうに思いました。
その意味でも万人にお勧めできます。
でも、個人的には、受験生または英語に苦手意識がある人はネイティブスピーカーシリーズ(ネイティブスピーカーの英文法―英語の感覚が身につく、ネイティブスピーカーの前置詞―ネイティブスピーカーの英文法<2>、ネイティブスピーカーの英語感覚―ネイティブスピーカーの英文法<3>の3冊)を読んだらいいんじゃないかな。
こちらの方が分量が少なくてわかりやすく、とっつきやすいと思います。
それを読み終える頃には多分、英語が好きになっていると思うので、それを原動力にこの「一億人~」を一気読みしたら効率がいいかなと思いました。
残念なところもあります。
・例文集がない
(「Forest」は別売りで問題集や例文集やCDがあり、比べるとちょっと不親切と思います。)
・索引がない
(目次は充実しているものの、単語から検索することはできない。私は通読派なので不自由しないものの、人によっては不便。)
追記
索引とCDブックが出ました。索引はpdfで無料ダウンロード出来ます。
※既に出ている本「大西泰斗のイメージ英文法―English Brain Force(DVDブック)」との違い
以前twitterで大西先生に「イメージ英文法」との違いを質問して、回答をもらったので、せっかくなので書いておきます。
「イメージ英文法」は、あまり体系化を考えず重要表現の「使われるかんじ」を詳しく解説しました。
「一億人」はシステムそのものへの言及を多く含んでおり、また重要な文法事項はほぼ漏れなく解説が行なわれています。
私が両方を読んで思ったのは知識的には「一億人」で「イメージ英文法」の内容をすべて賄えます。一部「イメージ英文法」の方が詳しい部分もあるものの、体系的にまとまっているので「一億人」の方が読みやすかったです。

一日で全部読み終わっちゃいました。と書いているレビュアーの方が何人かいますが、僕には信じられませんでした。こんなに深い中身の本を一気読みしたらもったいないんじゃないかなと。早くやればなんでもいい、とはならないんじゃないかなと。そう思いました。まあ、それはおいといて。

「心が動く」から「この形になっている」。「心が動く」から「このロジックが現れる。」・・・本書では、そんなしくみがしつこいほど丁寧に説明されています。説明と絵(自作)が一体となっていて、過去形は<距離感の表現>、現在完了形は<迫ってくる感じ>ということがスムーズに理解できます。それだけじゃなく、例文がとても的確です。
a)I ate alligator tails.
b)I’ve eaten alligator tails.
「ワニを食べた」という内容をこのように感覚の違いによって表現し分けるんだよと教えてくれているので、イメージの上でしっかり頭に入ります。
つまり、説明と絵と例文の三位一体解説です。

僕は普段の仕事の合間にこの本を読むことが多いです。ニューヨークタイムズやジャパンタイムズを読みつつこの本を読んでいます。そのおかげで、基礎力も確実なものとなり、ネイティブの意識を持って、英字新聞が読めるようになってきています。

その効果としては、後ろへ後ろへという意識の流れがつかめるレベルです。これはただ読む速さが増すなんていうだけのことじゃなく、ネイティブの意識の流れとシンクロしているという快感なのです。

総合すると、この本は、こういう規則だからこういう意味になる・・・という従来の教え方を破壊してくれて、その上でネイティブの話す意識にのっとって考えれば当然こうだよね。という教え方になっています。

NHKの「仕事の基礎英語」をたまたま見た時に大西先生のすごさを知って、その著書を探して本書に出会ったわけですが、想像通りかそれ以上の本に出会えました。一生の愛読書になりそうです。

その後、元イエール大学助教授斉藤淳氏の著書「世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法」という本で、参考図書として2度ほど本書があげられていました。斉藤氏の「英語勉強法」は私の学生指導にとても役立っている本であって、これまでにあった意味のない類書と全く違う実践的なアドバイスがたくさん載っている名著です。

そして、大西先生の「仕事の基礎英語」(NHK)を2年にわたって視聴しつつ「一億人の英文法」を読んでいるおかげで、英語が後ろから読み直さずに、前から後ろへ、前から後ろへと読むだけで内容がするすると頭に入るようになってきています。ようやく英語の思考法が分かってきた気がします。最近は授業で、英語で話すことも楽しくて、お笑いタレントのツイッターや写メの取り方から企業のマーケティングやウェブサイトの運営法の話まで、話題を広げつつ、さらに中学生レベルの分かりやすい英語で表現もできるようになってきています。
さらに、ジャパン・タイムズもニューヨークタイムズも読むことが不自由することなくなりました。分からない単語があっても、辞書で引かず、全体の文脈を抑えながら先にに読み進められるようになりました。

いい歳なんですが、英語熱が最近上がってしまい、一から勉強しようと単語と一緒に文法もやり直しということで本書を買いました。

本書は、世間でいうところの「文法の教科書」ではなく「参考書」と考えるのがいいでしょう。
「文法の教科書」は、体系的に漏らさず説明するために、学術書のようになってしまっているものがあるけれど、この本はそのすき間を埋める「参考書」です。なので、学生さんが本書だけで英文法を勉強するのは危険です。正確な説明が載っている教科書を基本にして、そのサブでこの参考書を使うのがいいと思います。

そしてその「参考書」としては、本書はとても優秀です。今までは単に「そういうものなんだ」と覚えていた文法のもともとの出自、日本人にはいまいちイメージしにくい派生語のネイティブ的な視点などがいろいろとあり、目から鱗でとても新鮮な読み物として楽しめます。

特に、英語は「言葉の位置によって役割が決まる言語である」という説明は、言われてみれば確かにその通りなんですが、学校の文法ではそのような説明もなかったので、コロンブスの卵みたいなやり方を教えられた気分です。

でも、本書には索引がありません。そのせいで、勉強に使うということにおいては少し不便です。一度受験とかでしっかり文法の勉強をしたことがあって、その後しばらく英語から遠ざかっていた人が知識を整理する目的なら、本書はかなり適していると思います。

もっともらしく作られた造語、くどくてまとまりのない説明、変な日本語、品性の欠けた例文。何だか迷路に引きずり込まれる感覚とともに読み進めているうちに気持ち悪くなった。こんな人に日本の英語教育がまかせられるというのか。

英会話を一から勉強しようと思っていたのですが、タイトルにピンと来たので買ってみました。
私は中学1年生の英文法から勉強するところだったので、この本でそれを理解しようとするのは無理なようです。
説明も難しく、全然頭に入りません。
「高校生~大人向け」ともちゃんと書かれているので、最低限高校受験ぐらいの英語力がないとダメなんでしょうね。
私のような完全初心者からすると、この本の参考書が欲しくなるぐらいです(笑)
NHKラジオ英会話や、くもんの文法本がとても私には分かりやすく感じたので、今はそちらを使っています。

大西先生のテレビ番組は楽しくて、気付かされるところも多いけど、そこどまり。この本のタイトルからしてわけわかめ。「英語」にも種類があって、「それぞれの目的にあったものを効率的に勉強する」のが大切なのであって、「一億人の、すべての日本人に」など無理がある。英語だけじゃなく、外国語を身につけるには「年単位の時間と多大な労力」が必要になってくる。この本と単語帳(はっきりとは書かれていないが)だけで大学受験を攻略できそうな印象の紹介分を載せている著者には「教育者としての両親があるのか」を疑わざるを得ない。なぜならそれは「絶対無理」と断言できるからである。こんな分厚い本にかかわってしまったせいで英語の本質から離れてしまい、受験は失敗し、英語も上達せず、「日本人は英語が下手な見足」として世界中で有名である。著者はそれを変えるような姿勢は見せているが、結局その間違った方向に誘導していると言える。この本を総合すると「商売」です。「1週間限定」なら読んでみてもいいかもしれない。

『一億人の英文法(東進ブックス)』をマスターすると?

『一億人の英文法(東進ブックス)』をマスターすると、自分なりの英文法体系が身に付きます。 

英文法を理解しようとするときに、日本人であれば、日本語の文法用語の使用は不可欠です。
しかしながら、『一億人の英文法(東進ブックス)』は難しい文法用語の使用を極力避けることによって、わかりやすさを実現しています。

そのため、多くの受験生が身につける英文法の知識とは少し異なった形での英文法体系が身につきます。

類似の参考書については、以下の記事を参照してください。

『総合英語Forest(フォレスト) 7th Edition』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.04.10

『総合英語Evergreen(エバーグリーン)』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.04.03

『一億人の英文法(東進ブックス)』難関大学合格者の使い方は?

1 最初から順に読むことを基本とします
 本書は、通常の文法書とは異なり、英語を最大限に効率よく吸収する章立てを考慮しています。できる限り順序よくお読みください。以前の章の内容が基礎となり展開している場合があるからです。
 ふつうの文法書は、退屈でとても最初から読み通す気にはなりません。しかし、この本なら順序よく面白く読み進めるtこができます。「そうだったのか」の発見が随所にあるはずですから。

2 序章「英文法の歩き方」は必ずお読みください
 序章の内容は、大変重要ないくつかの配置原則に基づいています。読者の方々が英語の森で悩まないように、配置原則をまずすべて説明したのが、「CHARTER0:英文法の歩き方」です。必ずお読みください。

3 様々な種類のコラム
 本書の解説は、本論とーかなりの数を配したーコラムで成り立っています。コラムには様々な種類がありますが、P.43の説明を目安に取捨選択しながら読み進めてください。

4 繰り返し音読
 英語を話すためには、文の形と意識の運ぶ方、リズムに習熟する必要があります。その為、しばしば例文の音読を勧めている場合があります。そうした箇所では必ず「声に出して」指示に従いながら音読を重ねてください。時間があれば、暗唱してもいいでしょう。遠回りなようでも、声に出して読む。頭だけで理解しようとしない。それが、、話す英語への最短距離です。

5 高校生なら1週間から10日
 外国語学習は理屈ではありません。頭の中に十分な語彙力と、使いこなせる文の形を刻み込むことが重要です。英語を話したいなら、文法はなるべく短期間に終わらせる必要があるということです。高校生なら10日以内に本書を読破し、英語の輪郭をつかみとるぐらいの知性と勢いが必要です。

『一億人の英文法(東進ブックス)』で合格できる大学は?

早慶上智

早稲田大学
慶應義塾大学
上智大学

GMARCH

学習院大学
明治大学
青山学院大学
立教大学
中央大学
法政大学

日東駒専

日本大学
東洋大学
駒澤大学
専修大学

関関同立

関西大学
関西学院大学
同志社大学
立命館大学

産近甲龍

京都産業大学
近畿大学
甲南大学
龍谷大学

『一億人の英文法(東進ブックス)』の次は?

『一億人の英文法(東進ブックス)』を完璧にマスターしたら、必要ありません。
『一億人の英文法(東進ブックス)』は、英文法の知識が詰まった参考書です。
本参考書に掲載されているレベルの知識を持っていれば、大学受験レベルでは敵なしです。

ただし、注意は必要です。
『一億人の英文法(東進ブックス)』は、英文法を理解するために、誰にでもわかりやすい文章になっています。
そのために、いわば「自分なり」の理解は手に入るが、大学入試において絶大な効果を発揮するかは、微妙です。

そのため、大学受験用に本参考書『一億人の英文法(東進ブックス)』を使用とするのであれば、英文法の問題集は不可欠です。

英文法の問題集に関しては、以下の記事を参照してください。

『POWER STAGE(パワーステージ) 英文法・語法問題』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

2016.12.16

『英文法・語法 Vintage New Edition』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

2017.03.25

『ネクステージ(Next Stage)4th edition』の難関大学合格者の使い方、勉強法

2016.10.24

『一億人の英文法(東進ブックス)』に関するQ&A

匿名希望
『一億人の英文法(東進ブックス)』のアプリの出来はどうなの?
高柳司
余裕がある人は買ってみてもいいかな!って感じです。
というのも、『一億人の英文法(東進ブックス)』は、理解するための参考書であって、問題集的な使用の仕方をするのに、向いていないように感じています。
「餅は餅屋」ということわざがあるように、問題を解けるようになるために使用するのであれば、他の参考書がおすすめです。

否定的なことばかり述べてしまいましたが、「英文法を楽しみたい!」という人には、最高の文法書だと思います。
取り扱い注意なことには変わりませんが、読んでおいて損のない参考書です!

匿名希望
ぶっちゃけ、『一億人の英文法(東進ブックス)』の評価はどうなの?
高柳司
大学受験向きじゃないか…って感じです。

確かに、英文法をていねいに、かつ、わかりやすく説明されており、良書です。しかし、大学受験の英文法の問題しているかどうかは別問題のように思います。

大学受験の英語には、出やすいところがはっきりあります。その「出る項目」を「出る形」で理解できることが得点への近道です。
そこを本参考書『一億人の英文法(東進ブックス)』は遠回りしているイメージです。
そのため、大学受験向きではないかなぁ…って感じです。

『一億人の英文法(東進ブックス)』のまとめ

『一億人の英文法(東進ブックス)』は、欲張りな1冊です。
高校生にも、大学生にも、社会人にも、すべての日本人に向けた英文法の参考書であるがゆえに、大学受験用の参考書としては、遠回りになっているように感じます。

内容に関しては、すごいです。
抽象的なものである英文法を、ここまで具体的に、わかりやすく説明してあるのは、一見の価値アリです。

しかし、それが大学入試で得点に直結するかどうかは別の話です。
欲しい点数を取る為のテクニックが必要です。
大学受験で自信を持って得点をするために方法については、以前紹介しましたので、以下の記事を参考にしてください。

勉強法3手順|ネクステージ (Next Stage)[4thEdition]英文法・語法問題の使い方、勉強法

2014.10.15