開成高校vs灘高校|日本王者【比較】東京大学などの進学実績や評判

  • 開成高校と灘高校、どちらが東京大学の進学実績が良いのか?
  • 開成高校や灘高校から、東大以外の進学実績はどうなのか?
  • 校風はどうなのか?
  • 有名は学校行事はあるのか?

これらを明らかにするため、開成高校や灘高校の偏差値や進学実績を調査した。

その結果、高校偏差値の高さや、東京大学や早稲田大学や慶應義塾大学の進学実績や合格者数など、その圧倒的な実績が改めて明らかになった。

灘高校、開成高校の進学実績データ

年度 開成高校 灘高校
2017年 進学実績を見る 進学実績を見る
2016年 進学実績を見る 進学実績を見る
2015年 進学実績を見る 進学実績を見る
2014年 進学実績を見る  
2013年 進学実績を見る  
2012年 進学実績を見る  

本日決定!東京大学、進学実績の頂上対決

東の王者・開成高校 vs 西の覇者・灘高校の高校偏差値や評判、進学実績を徹底比較した結果、下記のような結果が得られた。

高校名 開成高校 灘高校
私立/公立 私立高校 私立高校
高校偏差値 77 78
卒業者数  398人 220人





東京大学 104人
(26.1%)
76人
(34,5%)
早稲田大学 105人
(26.4%)
3人
(1.4%)
慶應義塾大学 105人
(26.4%)
3人
(1.4%)
MARCH 6人
(1.5%)
2人
(0.9%)
最寄駅からの徒歩時間  5分 10分
名物行事  体育祭 文化祭
校風自由度  ★★★★☆ ★★★★★
共学/男子高/女子高 男子高 男子高
特徴 中高一貫 中高一貫
獲得ポイント 822pt 838pt

開成高校vs灘高校の総評

  • 開成高校の東京大学合格者は圧倒的に多い!
    100名を超える東京大学現役合格を輩出した。
  • 開成高校は、東京大学+早稲田大学+慶應義塾大学で300名以上が現役合格した。
  • 灘高校の東京大学合格は圧倒的に高い!
    3人に1人が東京大学へ現役合格している。
  • 灘高校は、東京大学+京都大学への現役合格者数が94名、42%。
    現役生の40%以上が東大・京大へ進学している。

早稲田大学や慶應義塾大学の合格実績分析

  • 開成高校の早稲田大学や慶應義塾大学の進学実績、合格者は、合計210人。
  • 灘高校の進学実績、合格者数は6名。

これは各校の大学受験の姿勢の違いの表したものであり、甲乙つけがたい。

灘高校の大学合格実績について

灘高校は、旧帝大の国立大学医学部を主戦場としている。

灘高校生は、慶應義塾大学医学部などの私立大学医学部ですら、大学入試を受ける生徒が少ない。

開成高校の大学合格実績

開成高校は、東京大学を主戦場としている。

開成高校は、早稲田大学や慶應義塾大学などの難関私立大学を腕試しや滑り止めとして受験する学生が多い。

旧帝大の国立大学医学部は受験界最難関であり、灘高校生の大学受験ストイックさは他の高校には見られない特徴だ。

開成高校と灘高校の早慶合格実績の差は、大学受験への取り組み意識の差と考えられる。

開成高校と灘高校ともに、MARCH受験は大学受験にあらず

開成高校、灘高校ともに、MARCHを受験する学生はほぼいない。

開成高校生にとっては、早稲田大学や慶應義塾大学が大学受験の最低ライン。

灘高校生にとっては、大阪大学や九州大学等の旧帝国大学レベルの国立大学が受験の最低ラインなのだろう。

両校の受験生の目標の高さが伺える。

校風分析~自由な学生生活と学業を両立する学生たち~

開成高校と灘高校ともに、学生たちの自主性を尊重する校風を持つ。

灘高校の校風について

灘高校は「野放し教育」の校風の下、私服が認められ、服装の制約もない。

nada-fashion1

名物行事である文化祭では、アイドルに扮したコンサートや女装コンテストなど個性的なイベントが毎年注目を集めている。

そんな自由を謳歌する一方、地獄のような宿題が課されたという声もある。

あくまで高校側が求める学業のハードルを乗り越えた上での自由といえる。

開成高校の校風について

開成高校は、制服が義務付けられている。

開成高校、制服

もっとも、灘高校同様に学生を厳しく規律するようなことはなく、自主性が尊重される。

開成高校は、体育会系の色が濃く、エネルギーにあふれた学生が多い。

そんな彼らのエネルギーが爆発するイベントが体育祭である。
中でも棒倒しは全勢力を注ぐ大イベントであり、開成高校らしさが最も表れる瞬間といえる。
 
開成高校出身者から聞いたところ、開成高校では宿題ではなく、各学生が自らメリハリをつけて学ぶことが求められるようだ。

開成高校vs灘高校、灘高校が勝利!

nada-logo

開成高校と灘高校、いずれの学校も、保護者からの評判が良く、偏差値も日本一高い、学生の自主性に委ねた自由な校風、個性的な名物行事など、どの項目も満点近くを獲得した。

両校の差を決定づけたのは、やはり東京大学の合格率だ。

灘高校の圧倒的な東京大学合格率&進学実績と、早稲田大学や慶應義塾大学合格者&進学実績の少なさ。
正に、灘高校こそ日本一の高校という結果を得た。

開成高校出身Mくんから学ぶ「受験勉強の極意」

卒業生の25%が東京大学に現役合格・進学する開成高校出身Mくんから、「受験勉強の極意」をインタビューしました。

開成中学・高校出身の「神童」は、どのような受験勉強をしているか?

そのような勉強習慣なのか、ご紹介します。

開成中学・高校出身の友人Mの大学受験の勉強方法

2016.08.07

詳しくは「開成中学・高校出身の友人Mの大学受験の勉強方法」を参考にしてください!

バカの見極め方!!大学受験版

2017.04.17

※当記事のデータは、記事作成日におけるものです。

【実践編】早稲田大学<英語対策>私のマル秘 英語勉強法

2017.01.27

協賛企業さま