不合格の勉強法【英語長文読解】3要素!英語長文レベル別問題集 1(超基礎編)

英語長文レベル別問題集1

英語長文レベル別問題集 1(超基礎編)で3つの不合格の勉強法を実践しないか?

東進ブックスから出版されている名著『英語長文レベル別問題集 1(超基礎編)』の良くある不合格の勉強法は、

  1. 英語長文の本文のレベルが低いから、選択肢に迷わない。
    その結果、「正解は(2)!」という具合に、正答を即答する。
  2. スラスラ読めるので、どんどん読み進めてしまう。

英語長文レベル別問題集 1(超基礎編)で、誰もがやっている不合格の勉強のだ。

この勉強法を続けている限り、あなたは東京大学や早稲田大学、慶應義塾大学などの難関大学合格は非常に危うい。
ほどんど無理と言って良いだろう。

英語長文レベル別問題集 1(超基礎編)で、解答の選択肢を即答できてしまっているあなた。

本日ご紹介する英語長文の勉強法をよく読み、今後続く難しい英語長文読解の問題を正答するための準備を実践しよう。

では、英語長文レベル別問題集 1(超基礎編)の勉強法をご紹介する。

ぜひ参考にして欲しい。

本の特徴

  • 中学一年生から中学二年生、中学三年生レベル。
  • 公立高校の入試レベルの英語長文読解問題。
  • 英文法と英語構文の活用内容が、非常に良く考えられている参考書。

例えば、have。
英語長文の本文の中に、動詞のhave、完了形のhave、have to〜、などがバランスよく使用されている。

英単語や英熟語、英文法などを複合的に勉強することができる良質な参考書。

初見目標正当率:30%

始めて英語長文読解を勉強する大学受験生には簡単に思えるレベルの英語長文読解問題。

正答となる選択肢を選ぶだけなら80%は解けるだろう。

しかし、全選択肢にリーズニングを実施すると一気に難しくなる。
初見では正答率30%取れれば良い。

本の使用する目的

  1. 英語長文読解の読み方の基礎を習得
  2. 全ての選択肢にリーズニングを実施

本の使い方

リーズニングの勉強法を熟読

英語長文読解、本文の読み方を実践

英語長文読解、選択肢の切り方を実践

英語長文読解、復習法を実践

おすすめ度

★★★★★

偏差値50未満の大学受験生には必須の参考書。

この参考書で、リーズニングのやり方・勉強法と英語長文読解の本文・選択肢・復習の勉強法を実践するには最適の参考書。

総評

全くのゼロから大学受験の英語長文読解を始める受験生にとって、絶対に必須の参考書。

英語長文読解は、簡単な英文から始めて、本文の読み方や選択肢の切り方、復習法をしっかり習得する。

超基礎の英語長文から始めないと、偏差値57で頭打ちするだろう。

焦らず、しっかり、超基礎レベルの英文で、英語長文読解で100%正答する勉強法を習得しよう。

ぜひ、参考にして欲しい。

協賛企業さま