【12月】『センター試験直前!センター英語のために残り1ヶ月でやるべき3つの対策方法』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

センター試験対策、ちゃんとできていますか?

もう12月になって、センター試験直前の模試が毎週のようにあったり、センター試験直前の講習があったりしていると思います。

そんな中で、

「センター試験の英語で100点〜120点くらいしか取れない…」

「第一志望に合格するなら8割くらい取っておかないと…」

という人いませんか?

センター試験本番までまだ時間はあります。

あと30点〜50点をあげるために行うべきセンター試験対策を紹介します。

センター試験直前にやるべき対策

1.とにかく過去問を解きまくれ!

 

過去問はどれくらいやりましたか?

センター試験の過去問は、収録年数がかなりあるので、もったいないなどと思わず、とにかく「過去問を解く」ということをやるべきです。

理由は、過去問を12月かたたくさん解かないといけない理由は、2つあります。

1つ目は、問題数が多いので、余裕を持って解くことが出来るようにならないといけないためです。

以下の記事でも、説明したことがありますが、センター試験は独特の出題形式になっています。

【センター試験攻略!】『効率よくセンター試験(英語)で150点・75%取るやり方、勉強法』

そのため、センター試験の出題形式に慣れるためにも、過去問を解くことはしないといけません、」

2つ目には、1年分解くのに時間がかかるので、過去問をしっかり解こうと思うと思っている以上に時間がかかるためです。

おそらくみなさんの手元にあるセンター試験の過去問は、赤本か黒本などだと思います。

もし購入してないという人は、今すぐ買いに行ってください。

収録年数にはばらつきがあると思いますが、10年以上の過去問が収録されていませんか?

赤本は、25ヶ年分収録されているはずです。

センター試験過去問研究 英語

黒本は、30回分収録されています。

大学入試センター試験過去問レビュー 英語

これだけの過去問をすべてやれる受験生はそう多くないと思います。

これだけの分量が収録されているのに、解かない手はありません。

しかし、センター試験の過去問って1日に何年分解けますか?

単純に計算します。1回分が

 80分 + 60分 (採点・解答の見直し等)

と考えると、およそ2時間以上かかりそうです。

1日の間に2時間以上の時間を簡単に作れますか?

高校生であれが、期末試験があったり、年末年始でイベントも多い時期だし、土日は模試埋まってるなんてこともありませんか?

そう考えると、私は

1日に1年分、1週間で5年分

くらいが、限界なのではないかと思います。

収録回数が、20回以上あるのであれば、単純に1ヶ月以上かかりますよね。

だから、センター試験の過去問をしっかりやりたいのであれば、12月からしっかりやっておく必要があると考えます。

「センター試験は私大入試の練習!」と考えている人もいると思いますが、私大の過去問でも考え方はあまり変わりません。

以下の記事に、過去問の解き方について紹介していますので参考にしてください。

不合格の勉強法【過去問の使い方】必ず失敗する大学受験生のたった1つの共通点

2.点数が足りないなら
「英語長文」の対策だ!

 

センター試験の得点が思うように取れていないのであれば、対策するべきは絶対に「英語長文」です。

理由は簡単です。

センター試験の英語の問題構成嬢、英語長文の配点が高いからです。

センター試験の英語の配点構成を確認してください。

大きく分けて、「英文法」「英語長文」に分類すると、「英語長文」の配点比率がいかに高いかわかりますか?

そのため、もし12月からセンター試験の英語の点数をあげたいのであれば、絶対に「英語長文」の対策を行わなければいけません。

英語長文で確実に得点をするためには、
「リーズニング」が不可欠です。

「どうしてどの選択肢が正解なのか」

「その選択肢のどこが間違っているのか」

を意識して問題を解く習慣がついていない人は、今すぐ改めましょう。

「リーズニングって何?」って人は、今すぐ「リーズニング」と調べてみましょう。リーズニングの重要性がわかるはずです。

不合格の勉強法【英語】リーズニングの勉強法|合格と不合格の分岐点

3.「発音・アクセント」は諦めろ!

 

最後は、「諦めろ」です。

理由は、「発音・アクセント」を満点になるように勉強するよりも、英語長文を勉強して、得点した方がコスパがいいからです。

「発音・アクセント」で満点を取ろうとすると、極端に言えば、英単語を全部覚え直す必要があります。

できなくないことはないですが、圧倒的にコスパが悪いです。

そんなことに時間を使うのであれば、「英語長文」の問題集で、リーズニングの練習をした方が、得点につながります。

英語長文の問題集は、以下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

【英語偏差値75へ】『おすすめの英語長文の参考書・問題集』難関大合格者の使い方、大学受験の勉強法

まとめ

 

12 月になって、センター試験まで残り1ヶ月!

30点〜50点をあげるためには、以下の3つのことが重要だと紹介しました。

  1. とにかく過去問を解きまくれ

  2. 点数が足りないなら「英語長文」の対策だ!

  3. 「発音・アクセント」は諦めろ!

最後に後悔をしないためにも、できるだけのことをやってみませんか?

もし困ったことがあったり、悩み事がありましたら、わたし高柳司のTwitterに直接相談してください!ちょっとした質問や不安でも大丈夫です!連絡を待ってます!

年末年始・センター試験前後にやっておきたいことについては以下の記事にて紹介しています!

参考にしてください!

【1月】『センター試験本番目前!年末年始、1月前半にやっておくべき3つのこと』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法