【1月】『センター試験本番目前!年末年始、1月前半にやっておくべき3つのこと』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

クリスマス、年末年始を過ぎたら、もうすぐにセンター試験ですね。

センター試験が始まると、入試ラッシュで時間がとても早く進んでしまいます。

どんどんと時間が過ぎていく中で

「今は何をしたらいいんだろう」
「今は何をするべきなのか」

について、悩んでる人も多いのはないでしょうか。

実はとても重要なことを、多くの受験生は知らなかったりします。

受験を経験し、受験を生徒を通じて何度も見てきたからこそ、年末年始・1月にやるべきことについて紹介をします。

センター試験目前!年末年始、1月前半にやっておくべき3つのこと

志望校を決定する、出願する

クリスマスを過ぎて、年末年始には出願は終わっていなくても、志望校は決定していますよね?

志望校が決まっていない = 志望校対策ができない

ということですよね。

もし、年末年始にもなって志望校が決まっていない、どうしようと言ってるひとがいたら、学校の先生やご両親などちかくの大人に相談しましょう。

簡単に一人で決められることではないです。

早めに決めなければいけませんが、他の人の意見ももらいましょう。

誰でも【早稲田大学政治経済学部に合格】できる英語勉強法の裏ワザ

過去問を解く

次に大切なのは、過去問を解く、ということです。

これは、12月の記事でも力説しました。

【12月】『センター試験直前!センター英語のために残り1ヶ月でやるべき3つの対策方法』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法

年末年始、センター試験まで、はセンター試験の過去問を中心に。

センター試験後は、私大、国公立の2次を中心に。

センター試験後にセンター試験の過去問解いててもあまり意味ありませんよ!

過去問を解く際に意識しなければ、いけないのは本番同様に解くことができるかどうかです。

  • 試験時間は何分ですか?
  • 一日のタイムスケジュールはどうなっていますか?
  • 試験会場はどこですか?

考えるべき要素はたくさんありますよね。

でも、最も大切なのは、合格点をとれる実力があることです。

当然ですよね。

合格点を取るために欠かせない要素は、リーズニングです。

不合格の勉強法【英語】リーズニングの勉強法|合格と不合格の分岐点

問題を解く際にリーズニングを徹底させることを過去問を解いて練習しまくってください。

どうして、この選択肢が正解なのか。
なんでこの選択肢では間違いなのか。

選択肢をひとつひとつ丁寧にリーズニングして、解くことができれば必ず合格点を取ることができます。

不合格の勉強法【過去問の使い方】必ず失敗する大学受験生のたった1つの共通点

朝型の生活に切り替える

最後に。

クリスマス、年末年始とイベントがたくさんあるので、ついつい遊んでしまい、挽回しようと夜まで勉強してしまい、夜型の生活を始めてしまうひとが少なからずいます。

睡眠時間を削って勉強しようという心意気はとても評価できると思います。

しかし、そのせいで本番の入学試験は眠い目をこすりながら、レッドブル飲んでなんとか頑張ります、なんてのは、自己管理が出来てないですよ。

センター試験を始め、大学受験の入学試験の朝は早いです。

会場が家のすぐそばの人でも7時くらいには起きることにはなるのでないでしょうか。

正確なことはわかりませんが…

話を戻しまして、とにかく、クリスマス、年末年始を過ぎると、すぐにセンター試験本番です。

とにかく朝型の生活をするカラダを手に入れてください。

早慶レベルの英語長文の読解問題は「URCモデル」で解決できる!

終わりに

年末年始は、夜更かしをしたくなるイベントがたくさんなのもわかります。

夜更かししても早く起きれば、その日は早く眠れますから、とにかく朝起きる生活を心がけましょう。

クリスマスを過ぎて、年末年始、そして、1月は合格に向けて、一心不乱に過去問解きましょう!

【GMARCH全勝!】『知っておくべき大学受験英語の勉強法』難関大学合格者の使い方、大学受験の勉強法