東京都、男子御三家【比較】開成高校vs麻布高校vs武蔵高校

あなたは、東京都の「御三家」の進学実績を知っているだろうか?

言わずと知れた東京都の「御三家」である開成高校、麻布高校、武蔵高校の3校。

大学受験の世界で、全70万人のトップ5%の受験生のみが合格できる東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学に合格するには、東京都のみならず、日本全国でも知名度がある東京都の「御三家」の高校生でないと難しいのだろうか?

そこで本日は、東京都の「男子御三家」の偏差値や進学実績、評判、校風自由度、高校独自の学校行事の比較をご紹介する。

ぜひ参考にして欲しい。

本日決定!麻布高校、開成高校、武蔵高校「御三家」比較!

本日は、東京都の「御三家」比較

麻布高校、開成高校、武蔵高校「御三家」

開成高校が麻布高校、武蔵高校の両者に勝利。

やはり関東王者、開成は強かった。

  • 3校ともに生徒の自主性を尊重する校風.
  • 開成高校は体育会系の色が濃く、麻布高校が3校では最も自由な校風があるようだ。
  • 武蔵高校は生徒数こそ少ないものの、東大合格者も輩出する少数精鋭校といえる。

麻布高校、開成高校、武蔵高校「御三家」の合格実績分析

東京大学の合格実績

  • 開成高校の東大合格者数は、麻布高校の2倍以上、武蔵高校の7倍以降の差をつける結果となった。
  • 麻布高校は約5人に1人は東大合格者という素晴らしい実績を見せている。
  • ここはさすが関東進学校筆頭の開成高校だ。
  • 麻布高校の卒業生168人のうち、約10人に1人が東大進学者という実績も素晴らしい。

早稲田大学の合格実績

  • 開成高校の早稲田大学の合格者数は、麻布高校の1.5倍以上、武蔵高校の10倍以上となった。
  • 開成高校と麻布高校いずれも、早稲田大学に合格率は20%を上回り、優秀な成果をあげている。
    一方、武蔵高校は、15人に1人の早大合格率と低迷した。
  • 開成高校が現役で東京大学に100人近く進学していることから、国立大学進学者が多いようだ。
  • 武蔵高校は東京大学進学者数と早稲田大学進学者数に開きがなく、浪人を選びさらに上を目指す学生が多いと思われる。

慶應義塾大学の合格実績

  • 開成高校の慶應義塾大学の合格者数は、麻布高校の2倍以上、武蔵高校の7倍以上となった。
  • 慶應義塾大学合格率でも開成高校が、麻布高校と武蔵高校を大きく上回っており、開成高校が頭一つ抜けている印象がある。

MARCHの合格実績

  • MARCH合格実績では武蔵高校が最多だった。
  • 「御三家」の高校生にとっては、MARCHは東大や早慶などの腕試しや場慣れのための受験といえそうだ。
  • 特に開成高校は進学者数0人であり、主戦場を国立大学とする開成高校生にとって、MARCHは眼中にないといえる。
  • 麻布高校でも東京大学と上位私立の進学実績の方が高く、MARCHレベルは進学先と考えず浪人を選んでいるようだ。

麻布高校、開成高校、武蔵高校「御三家」の名物行事

開成高校の名物行事

  • 開成高校は、体育会系の色が濃く、体育祭が名物行事として有名だ。
    その中でも最も有名なものの一つに棒倒しがある。
  • 学生が一丸となって望む行事であり、開成高校出身者から高校の思い出話を聞くときにはほぼ間違いなく話題にあがる。
  • 勝敗に一喜一憂しながらも、チームワーク、粘り強さと多くの成長の機会となる名物行事といえる。
  • 麻布高校・武蔵高校と異なり、制服着用が義務付けられている。

麻布高校の名物行事

  • 春の文化祭、秋の運動会、これらは高校行事の王道であるが、麻布高校ではそれらが自由参加な点に特徴がある。
  • 運動会でのパワーバランスが行事参加者人数に依存することもあるようだ。
  • 文化祭ではミスター、ミス麻布コンテストがあり、大きな盛り上がりを見せる。
  • 普段から私服が認められており、染髪やピアスなどハメを外す学生も見受けられる。
  • 自由な校風の中で、高い進学実績を誇るあたりに学生達の自主性の高さが伺える。

武蔵高校の名物行事

  • 武蔵三大行事として、記念祭、体育祭、強歩大会があげられる。
  • 選挙で選ばれた学生が小委員会を組織して計画・実行する。
  • 教員の介入がほとんどなく、学生の自由意志が尊重されている。
  • 私服が認められており、校則も下駄履き禁止、駐車場がないという理由でのバイク等の通学禁止といった程度のもので、生徒手帳の類もない。
  • 公立高校である点も他2校との違いとしてあげられる。

東京都男子御三家、勝者開成高校

獲得ポイント

1位:開成高校 822pt.
2位:麻布高校 801pt.
3位:武蔵高校 765pt.

今回は開成高校に軍配が上がった。

進学実績において他校より一歩抜きん出た実績。
校風の自由度については一歩劣るものの、その点が開成高校の勝因となった。

もっとも、3校いずれも優秀な進学実績を誇り、学生の自主性に委ねた校風を持つ魅力的な高校ということは間違いない。

どの高校に所属していたとしても素晴らしい学生生活が約束され、その中で育んだ深い絆は長い人生を豊かなものとするだろう。

その他、都内の高校、他県の情報は、下記の記事を参考にして欲しい。

開成高校vs灘高校|日本王者【比較】東京大学などの進学実績や評判

2014.10.01

東京の名門、開成高校出身Mくんから学ぶ「受験勉強の極意」

卒業生の25%が東京大学に現役合格・進学する開成高校出身Mくんから、「受験勉強の極意」をインタビューしました。

開成中学・高校出身の「神童」は、どのような受験勉強をしているか?

そのような勉強習慣なのか、ご紹介します。

開成中学・高校出身の友人Mの大学受験の勉強方法

2016.08.07

詳しくは「開成中学・高校出身の友人Mの大学受験の勉強方法」を参考にしてください!

バカの見極め方!!大学受験版

2017.04.17

※当記事のデータは、記事作成日におけるものです。